香りを愉しむ台湾烏龍茶ペットボトル「凍頂四季春茶」「東方美人茶」を新発売

盛田

2018/7/18 11:00

香りを愉しむ台湾烏龍茶「ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春茶」「ハイピース 台湾烏龍 東方美人茶」2アイテムを新発売します。

2018/7/18

盛田株式会社

夏休み人気海外旅行先第1位、台湾の伝統茶葉100%使用

香りを愉しむ台湾烏龍茶 2アイテムを新発売

〜花のような華やかな香り、果実や蜂蜜のような甘い香り〜

盛田株式会社(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:檜垣周作、以下 盛田)は、華やかな香りを愉しめる台湾烏龍茶「ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春(とうちょうしきはる)茶」「ハイピース 台湾烏龍 東方美人茶」の2アイテムを2018年8月27日(月)から発売します。

台湾烏龍茶

■香りを愉しむ台湾烏龍茶

2018年夏休みの海外旅行人気ランキング第1位*であり、豊かな食文化が魅力の台湾では、島国風土の中で独自に発展を遂げた製茶の文化があり、総称して「台湾茶」として呼ばれています。台湾茶は「香りのお茶」と呼ばれるほど、華やかに広がる豊かな香りが特長とされ、産地や発酵度の異なるバリエーションに富んだ茶葉が生産されています。

本商品には、台湾茶の中でも、台湾で広く愛飲される国民的茶葉であり華やかな香りと爽やかな味わいが特長の「凍頂四季春茶」、欧州でオリエンタルビューティーと名づけられた希少で高価な茶葉である「東方美人茶」をそれぞれ100%使用しました。個性の異なる豊かな香りと味わいをお楽しみいただけます。

*一般社団法人日本旅行業協会 調べ

烏龍茶香りマップ

■凍頂四季春茶~花のような華やかな香り~

〔茶葉発酵度20~30%〕

凍頂烏龍茶は、台湾中部にある凍頂山の周辺で作られ、華やかな香りと爽やかな味わいから、台湾で広く愛飲されている国民的茶葉です。四季春茶は、凍頂烏龍茶の中でも、香り立ちがよくすっきりとした味わいが特徴です。摘みたての花束のような清新な香りと透明感のある爽やかな味わいがお楽しみいただけます。

■東方美人茶~果実や蜂蜜のような甘い香り~

〔茶葉発酵度70~80%〕

東方美人茶は、美しい褐色と密のような甘いかぐわしさが19世紀のヨーロッパで評判となり、オリエンタルビューティーと名づけられました。「ウンカ」という虫にかじられて発酵していることが味の決め手となっており、台湾茶の中でも希少で高価な茶葉です。果実や蜂蜜を思わせるゴージャスな香り、ゆったりとした甘い余韻が特長です。

【商品概要】

□商品名: ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春茶

□希望小売価格: 150円(消費税抜)、162円(消費税込)

□商品名: ハイピース 台湾烏龍 東方美人茶

□希望小売価格: 180円(消費税抜)、194円(消費税込)

(2アイテム共通)

□容量/形態: 500ml/ペットボトル

□発売日: 2018年8月27日(月)

         ※一部店舗にて2018年7月24日(火)から先行発売

□販売先: 全国コンビニエンスストア、量販店

□製造・販売元: 盛田株式会社

【商品に関する読者からのお問合せ先】 

盛田株式会社 お客様相談窓口

tel : 0120-691-604(9時~17時 土・日・祝日を除く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ハイピースについて

福井県の越前山系を源流とする天然水を使用したナチュラルミネラルウォーターや、この天然水で抽出した多様なお茶などの飲料ブランドです。水の多様性、多面性に着目し、“天然水”の限りない可能性を求め、研究開発を進めています。

<ハイピース関連サイト「ハイピースのカラダがよろこぶ水」

URL:http:// www.moritakk.com/know_enjoy/hipeace_water>

◆盛田株式会社について

寛文5年(1665年)に愛知県・小鈴谷村(現:常滑市)において清酒造りを開始して以来、350年を超える長い歴史を誇ります。日本の伝統的な発酵技術を生かしたしょうゆ・みそ・料理酒・みりんなどを柱として、つゆ・たれ・飲料など幅広く展開する「食品事業」と、日本酒を主力とした「酒類事業」を中心に展開しています。<盛田サイト URL:http://moritakk.com/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

台湾烏龍茶

凍頂四季春茶

東方美人茶

烏龍茶香りマップ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中