京都蒸溜所が IWSC「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞

ウィスク・イー

2018/11/19 16:00

11月14日(水)にロンドンにて「IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)」の表彰式が開催され、京都蒸溜所が、「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞しました。

2018年11月19日

株式会社ウィスク・イー

京都蒸溜所、IWSC「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞!

株式会社ウィスク・イー(東京都千代田区 代表取締役 CEO:デービッド・クロール)は、11月14日(水)にロンドンにて「IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)」の表彰式が開催され、京都蒸溜所が、「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞したことをお知らせします。

※写真)京都蒸溜所 代表取締役 デービッド・クロール(右から2番目)、取締役 マーチン:ミラー(左から2番目)、取締役 角田紀子(中央)

IWSC2018 International Gin Producer TrophyIWSC2018 Contemporary Gin Trophy

2018年11月14日、「IWSC2018」の受賞者が一堂に会するアワードバンケットがロンドンにて開催され、京都蒸溜所の『季の美 京都ドライジン』に「コンテンポラリージン」カテゴリーの最高賞 "トロフィー" が授与されました。また、この表彰式において同蒸溜所が「インターナショナル ジン プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞するという快挙を成し遂げました。日本のジン生産者として初めての受賞です。

■受賞にあたってのコメント

株式会社Number One Drinks 京都蒸溜所 デービッド・クロール

『この名誉ある賞を受賞したのは、蒸溜所チームの献身的な努力だけでなく、私たちを歓迎し、支えてくださり、そして「季の美」に欠かすことの出来ない素晴らしいボタニカルを提供してくださった京都の皆様のおかげです。』

同 マーチン・ミラー

『30ヵ月前、蒸溜所はまだ稼働していませんでした。24ヶ月前、「季の美」の輸出はまだ始まっていませんでした。私たちは短期間で長い道のりを歩んできました。これはアレックス・デービスが率いる蒸溜所チーム、そして各国のディストリビューションパートナーの努力のおかげです。IWSCにおいて、トロフィーに加えて「インターナショナル ジン プロデューサー  オブ ザ イヤー」も受賞できたことは夢のようです。』

■IWSC季の美 京都ドライジン商品ページ

https://www.iwsc.net/result/detail/88916

■IWSC2018“トロフィー”受賞リスト

https://www.iwsc.net/result/trophy_winners/ 

■IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)とは

1969年に英国で設立の世界的な酒類品評会で、今年で49回目を迎える。毎年世界各国からエントリーされる多種多様な酒類には日本酒や焼酎も含まれ、カテゴリー別のブラインドテイスティングと技術的な分析により審査が行われます。

■京都蒸溜所

HP: http://kyotodistillery.jp/     

Facebook: https://www.facebook.com/TheKyotoDistillery/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

IWSC2018 International Gin Producer Trophy

IWSC2018 Contemporary Gin Trophy

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース