IOTスマートロックを活用した『Akerun入退室管理システム』をコンパクトホテル”まゆ玉キャビン”に導入

TBグループ

2019/1/28 17:30

2019年1月28日

株式会社TBグループ

TBグループが業界に先駆け、IOTスマートロックを活用した『Akerun(アケルン)入退室管理システム』を、直営コンパクトホテル“まゆ玉キャビン”に導入し、宿泊者の利用状況をデータベース化!

株式会社TBグループ(本社:東京都文京区、代表取締役社長: 村田三郎、以下:TBグループ)は、TBグループが展開するコンパクトホテル“まゆ玉キャビン 横浜関内”において株式会社フォトシンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:河瀬航大、以下:フォトシンス)が提供しているスマートロックを活用した「Akerun入退室管理システム」を導入します。

「Akerun(アケルン)入退室管理システム」は、機器である「Akerun Pro」をドアのサムターン(鍵のつまみ)に固定するだけで、ドアの解錠権限をNFC対応ICカードやスマートホンにより解錠をすることができます。

今回、既存の建物の空きスペースを活用して宿泊環境を実現させる、カプセルベッド「まゆ玉」の製造販売及びホテル事業を展開するTBグループの構想と、既存の扉にスマートロックを後付けすることで簡単にエリアの棲み分け・セキュリティを実現できる「Akerun(アケルン)入退室管理システム」のコンセプトが合致し、業界に先駆けてスマートロックを活用した、「Akerun(アケルン)入退室管理システム」を “まゆ玉キャビン”に導入することといたしました。

“まゆ玉キャビン”では、玄関、男性フロア、女性フロアの入退室をICカードで管理します。今後はここで得られたノウハウを活かし、先の改正旅館業法(2018年6月施行)に対応したTBグループが開発中のセルフチェックインシステムとの連携を図ることで、安全性を兼ね備えた省力化・無人化ソリューションを実現してまいります。またクラウドに蓄積された解錠回数や解錠時刻を基に分析したデータは、効率的なホテル運営や、今後のホテル展開に幅広く活用してまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

スマートロック

まゆ玉キャビン外観

まゆ玉キャビン内

AKERUN管理画面にてフロアの入退室管理

AKERUNLOGO

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中