ジャイロプレス工法®による初の建築の基礎杭施工 ~高知県香南市に建設する自社新工場で採用~

技研製作所

2019/2/15 10:00

2019年2月15日

株式会社技研製作所

ジャイロプレス工法®による初の建築の基礎杭施工 ~高知県香南市に建設する自社新工場で採用~

 株式会社技研製作所(本社:高知市、代表取締役社長:北村精男)は、高知県香南市にある赤岡テストフィールド内に、当社の「ジャイロプレス工法」を用いた基礎杭による新工場「高知第三工場」を建設します。建築物の基礎杭を「ジャイロプレス工法」で施工するのは本案件が初となります。

 「ジャイロプレス工法」は先端にビットと呼ばれる切削爪の付いた鋼管杭を地上から直接回転圧入するため排土がなく、シンプルな工程で精度の高い施工が行えます。これまで土木分野では堤防の補強工事等で鋼管杭による連続壁の構築や、杭径の 2.5 倍程度の一定間隔を空ける飛び杭施工で採用されてきました。

 今回、当社の「サイレントパイラーF401-G1200」と、地上を単独で移動しながら回転圧入できるアタッチメントを用いることで、新工場の基礎杭となる単独杭の施工を行います。「ジャイロプレス工法」では、圧入管理システムによって圧入状況を自動で計測・記録することが可能であり、施工と並行しながら杭1本1本の支持力を科学的に実証できる点も基礎杭の施工方法として大きなメリットとなります。

 新工場は、既存の高知本社工場の約 1.4 倍の面積(3,516m2)を有し、完成後は当社の国内最大の工場となります。吊上荷重 30t、揚程 10m の天井クレーンを2基配備し、従来機を上回る大型製品の開発・試作・検証に対応できます。また、敷地内に隣接する実証場で新規開発した機械の実証試験を行い、その結果を開発部門に迅速にフィードバックすることで、開発スピードおよび製品品質の向上を図ります。

 当社ではこの新工場を新規開発の拠点とするとともに、本案件を「ジャイロプレス工法」による建築物の基礎杭施工のモデルケースとして、土木で培ってきた技術の建築分野への応用展開に繋げてまいります。

新設する高知第三工場

基礎構造

「ジャイロプレス工法」イメージ

■施設概要

施設名:高知第三工場

所在地:〒781-5310 高知県香南市赤岡町字大東2246番3

    株式会社技研製作所 赤岡テストフィールド内

建物概要:建築面積 3,516m2(事務所含む)

投資規模:約7億5千万円(建物、設備含む)

建設スケジュール:着工   2019年2月

         竣工予定 2019年12月

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

新設する高知第三工場

基礎構造

「ジャイロプレス工法」イメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中