福島県がJR只見線沿線のインバウンド促進でプロモーション動画制作、公開

福島県

2019/3/27 16:00

2019年3月27日

福島県

福島県がJR只見線沿線のインバウンド促進でプロモーション動画制作、公開

福島県は、JR只見線(ただみせん)沿線の魅力を海外等に紹介するプロモーション動画を制作し、きょう(3月27日に)公開した。JR只見線沿線は、鉄道と自然景観が織り成す風景が独特で、景色の良さを競うローカル線の人気投票で常に上位にランキングされている。

東京駅から東北新幹線と在来線を乗り継いで最短でも4時間半。高齢化と過疎が進む典型的な日本の地方に、外国人観光客が押し寄せている。そこは福島県西部、新潟県と接する奥会津地方。調査を始めた2015年に500人に満たなかった外国人観光客数(宿泊者数)が、昨年ついに2000人を突破した。国別では、台湾が最も多くて全体の57.1%。他にも中国やベトナム、タイからの訪問客が目立つ。彼らの目的は「世界で最もロマンチックな鉄道」と称されるJR只見線と四季折々の絶景をカメラに収めることだ。この独特な風景が、中国の交流サイトで取り上げられると、インスタ映えする風景として瞬く間に広まった。只見線の鉄橋を見下ろす福島県三島町(みしままち)のビューポイント(写真)では、外国人がカメラのシャッターを押す姿を毎日のように見かける。

JR只見線は、福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅までの約135キロを結ぶローカル線だ。2011年の新潟・福島豪雨で大きな被害を受け、一部区間が不通になった。2021年の全線再開通を目指して復旧工事が進められている。

地域の足としてのローカル線を存続させるため、福島県ではインバウンドの促進にも乗り出した。只見線沿線を多言語で紹介するWebサイトを開設。そしてこのほど、主に海外をターゲットにしたプロモーション動画4本を制作してYouTubeで公開した。動画の出演者に、台湾の若手女優ウー・シンティさんを起用。ウーさんが沿線を巡り、JR只見線と奥会津地方の魅力を伝える。ウーさんは交流サイトのfacebookで90万人を超えるフォロアーがいることから、ウーさんの情報発信力を借りて只見線の魅力を台湾に伝える考えだ。

動画は、「四季編」、「アクティブ編」「タイムラプス編」「旅情編」の4本で、何れも3分前後。福島県の公式YouTubeチャンネルで3月27日に公開され、「只見線 福島県情報ポータルサイト」から見ることができる。

■【福島県公式YouTubeチャンネル】

 [四季編]
 [アクティブ編]
 [タイムラプス編]
 [旅情編]

■【只見線 福島県情報ポータルサイト】 

https://tadami-line.jp/movie.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

①三島町のビューポイントから撮影した只見川と川霧の風景

②台湾女優を起用した旅情編のワンシーン

③出演した台湾の女優ウー・シンティ

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース