【住友理工】生体情報診断用機器「体動センサ」を開発

住友理工

2019/3/28 15:00

2019年3月28日

住友理工株式会社

生体情報診断用機器「体動センサ」を開発

~ゴム製の圧電センサーとして世界初の実用化、モニター販売を開始~

生体情報診断用機器「体動センサ」を開発

~ゴム製の圧電センサーとして世界初の実用化、モニター販売を開始~

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 社長:松井徹)は、心拍や呼吸など生体情報(バイタルデータ)を同時に計測できる診断用機器「体動センサ」を開発、圧電ゴム技術を応用したバイタルセンシング機器として、世界で初めて実用化しました。医療分野のほか、介護や健康、スポーツなど幅広い分野での活用が期待されます。

 一般医療機器(クラスⅠ)として2月28日に独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届出を行い、登録が完了しました。

 体動センサは、センサデバイスと計測ユニットで構成。利用者の身体に触れる箇所に設置することで、心拍や呼吸、体動といったバイタルデータのほか、離着床を同時に計測することができます。収集したデータは計測ユニット経由でPCやスマホなどデジタル機器での管理・閲覧が可能で、遠隔でのモニタリングにも適しています。医療用途に加え、乳幼児の見守り、健康管理やアスリートのパフォーマンス向上を目指した睡眠モニタリング、ドライバー向け生体センシングなどへの応用が見込まれます。

 本製品には、ヘルスケア分野の各製品に採用する当社のコア技術「SRセンサ」技術を応用・開発した新素材(圧電ゴム)を搭載しました。従来の圧電素材にはない「ストレッチャブル性」が大きな特徴です。薄型で柔軟、伸縮性があるため、例えばベッドの上に敷くだけで生体センシングできる、人にやさしい計測機器です。

 住友理工は、この体動センサについて、4月より研究開発者向けにモニター販売を開始します。医療機関や研究開発機関、介護施設や企業などへの提供を通じて、ヘルスケア分野での新たな商品開発に繋げ、人々の暮らしへのさらなる貢献を目指してまいります。

<製品概要>

名称 体動センサ

本体価格 別途お問い合わせください

仕様 センサシートサイズ: 900㎜×120㎜

   接続可能デバイス:  PC(Windows 7/8/10)

   通信規格:      Bluetooth Low-energy / USB

アプリケーションソフト リアルタイム波形表示、CSV出力

医療機器分類 一般医療機器(クラスⅠ)

製造販売届出番号 23B2X10022000002

<仕様>

研究開発にお使いいただけるよう、センサデバイス、計測ユニット、付属アプリケーションソフトをセットで販売いたします。

<ご購入に関するお問い合わせ>

住友理工株式会社 健康介護事業室

(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)

0120-93-1910

受付時間: 9:00~17:00(土・日・祝日・GW・夏期休暇・年末年始を除く)

Email: tri-health-contact@jp.sumitomoriko.com

<技術に関するお問い合わせ>

住友理工株式会社 IoTデバイスセンター

(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)

0568-77-8526

受付時間: 同上

Email: 同上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

住友理工が開発した「体動センサ」

ストレッチャブルイメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中