【1位はフォーティエイト】アクセス数から見る2019年上半期人気中古バイクランキングを発表

NTTレゾナント

2019/6/25 10:53

2019年6月25日

NTTレゾナント株式会社

アクセス数から見る2019年上半期人気中古バイクランキングを発表

「XL1200Xフォーティエイト」が首位

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログと株式会社NTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析しています。

 今回は「goo自動車&バイク」における中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー数(以下PV数)から、どのバイクが中古バイク市場では人気なのかを調査。人気の中古バイクをランキング形式で発表します。

1. 2019年上半期人気中古バイクランキング(調査期間:2019年1月1日~2019年6月11日)

2019年上半期人気中古バイクランキング

 2019年上半期人気中古バイクランキング1位は「XL1200X フォーティエイト」となりました。アメリカのオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンが生産するバイクです。1200ccもの排気量を持つバイクですが、ピーナッツタンクが7.9Lと容量が少なく、外観はコンパクトになっています。このコンパクトな車体が日本の街乗りにも適しており、人気の要因と考えられます。

 2019年上半期人気中古バイクランキング2位は「モンキー」となりました。1967年に販売開始した原動機付自転車であり、ロングセラーモデルです。2017年に排出ガス規制があり、一度、生産終了しました。しかし、2018年7月に「モンキー125」と小型自動二輪車に形を変えて再販売を開始。「goo自動車&バイク」の中古バイクカテゴリーでPV数が同月から大きく伸び、2019年に入っても注目が続き、人気のバイクとなりました。

 2019年上半期人気中古バイクランキング3位は「ズーマー」となりました。2001年に販売開始した原動機付自転車であり、国内外で人気のバイクです。「モンキー」と同様、2017年に排出ガス規制のため販売終了となっています。新車を購入できなくなった影響で、中古市場では人気が高く、「goo自動車&バイク」でも多くのユーザーから支持され続けています。

2. 「goo+dランキング」について( https://ranking.goo.ne.jp/good/ )

 「goo+dランキング」は、「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」を合言葉に、ユニークな切り口でユーザーインサイトを読み解く情報サイトです。「goo」が持っているアクセスログと「dメニュー」の公開データから、コンテンツごとのユーザーの関心を読み解き、世代や属性別などの新たなトレンドの発見を提供します。

3. 「goo自動車&バイク」について( https://autos.goo.ne.jp )

 「goo自動車&バイク」は約40万台の中古車情報、約11万台の中古バイク情報を全国のディーラー・中古車・バイク販売店から探せる自動車・バイクのポータルサイトです。ブランド・メーカー、車種、ボディタイプなど様々な条件で全国の中古車・バイクが検索可能で、人気ランキングや、気になる車種の相場・燃費も比較できます。

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

2019年上半期人気中古バイクランキング

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 NTTレゾナント株式会社
  • 所在地 東京都
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL http://www.nttr.co.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中