EnOcean社IoTエッジデバイスの販売開始

2019年7月10日

丸紅情報システムズ株式会社

EnOcean社IoTエッジデバイスの販売開始

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、独EnOcean社(以下、EnOcean)と代理店契約を締結し、EnOcean製エナジーハーベスティング製品および無線通信製品の販売を開始します。

IoT市場の拡大に伴い、IoT向けのエッジセンサーやそのデータを無線で送信するハードウェアの需要が高まっています。EnOceanは、動作や光、熱などから自己発電を行うエナジーハーベスティングと、その電力でセンシングして無線送信を行う低消費電力無線通信の技術を持ち、屋内外のIoT分野において強みを持つ製品を提供しています。

スイッチを押す動作によって発電しスイッチの状態を無線送信する製品は、配線およびメンテナンスが不要なスイッチとして欧米で照明用途に広く採用されており、また、光や熱による発電と温度・湿度などの環境センシングを組み合わせたバッテリー不要のIoTエッジデバイス製品はIoTサービスでの利用が広がっています。

MSYSは、取り扱い初年度にIoTエッジデバイス用途でのハードウェア販売に着手します。更に2020年度以降は自己発電の特徴を生かし、照明機器分野ではオフィスや工場での配線不要のスマートライティング、農業分野では日照時間や温湿度など環境管理、インフラ分野では橋梁・トンネルの老朽化・事故予測向けのソリューションで、各分野におけるIoTサービスプロバイダーとしてEnOcean製品を用いたビジネスを展開し、3年後に1億円の売上を目指します。

【EnOcean製品紹介WEBサイト】

https://www.marubeni-sys.com/enocean/

【EnOcean社について】

社名  :EnOcean GmbH

設立  :2001年

本社  :ドイツ オーバーハヒング

資本金 :370万USドル

【丸紅情報システムズについて】

丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<製品に関するお問い合わせ>

丸紅情報システムズ株式会社

デジタルITソリューション事業本部 IoT・デバイスソリューション部

電話:03-4243-4161

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

*ニュースリリースに記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中