コールセンター向けクラウドAIサービス「MSYS Omnis」に感情解析機能を追加

2019年7月29日

丸紅情報システムズ株式会社

コールセンター向けクラウドAIサービス「MSYS Omnis」に感情解析機能を追加

丸紅情報システムズ株式会社(略称MSYS/エムシス 以下、エムシス)は、株式会社Empath(本社:東京都渋谷区 以下、Empath)と協業し、 Google Cloud Platform™ の Google Cloud Speech-to-Text を採用したコールセンター向け音声テキスト化クラウドAIサービス「MSYS Omnis」(名称:エムシス オムニス 以下、オムニス)に、Empathの音声感情解析AIを搭載して2019年9月よりサービスを提供します。

MSYSは、お客様とコールセンターのオペレータの会話内容から双方の感情を読み取り、コールセンターサービスの品質向上に活用したいという顧客企業の要望を受けて、オムニスに音声感情解析機能を追加します。

新機能として追加する音声感情解析は、平静・怒り・喜び・哀しみ・元気度を発話単位でスコアリングし、コールセンターで問い合わせに応対したオペレータのサービス提供レベルを管理するとともに、お客様からの問い合わせとオペレータの受け答えによる感情傾向を可視化できます。また、解析結果をオペレータ応対に反映することで、コールセンターのサービス品質向上を実現できます。

MSYSとEmpathは、本協業を通じてコールセンター市場における音声感情解析に関する知見を共有し、両社の今後のビジネスに活用していきます。

製品ページ:https://www.marubeni-sys.com/msys_omnis/

【株式会社Empathについて】

Empathは、音声から気分状態を可視化するエンジン「Empath®(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発しています。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモの被災地支援事業に採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外では、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供するWeb Empath APIが世界50か国以上で利用されています。

ICT Spring 2018のPitch Your Startupで日本企業として初優勝し、Viva Technology 2018のBest Startup選出など海外のピッチコンテストで8度の優勝を収め、2019年6月24日には経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」のJ-Startup2019に採択されました。

・設立 :2017年10月31日

・代表者 :代表取締役 下地 貴明

・事業内容 :音声感情解析AI「Empath」の販売

【丸紅情報システムズについて】

丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<お問い合わせ先>

丸紅情報システムズ株式会社

経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)

URL: https://www.marubeni-sys.com/

〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー

電話:03-4243-4040 MAIL:koho@marubeni-sys.com

<製品に関するお問い合わせ>

丸紅情報システムズ株式会社

CRMソリューション事業本部 CRMソリューション営業部

電話:03-4243-4310

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

* Google Cloud Platform は、 Google LLC の商標です。

*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

  • テーマ
    新サービス
  • エリア
    東京都
  • キーワード
    コールセンター、クラウド、AI、MSYS、Omnis、感情解析、Empath、Google、Cloud、Platform、オペレータ、可視化、品質向上

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中