McKay Brothersがムンバイに史上最も低いレイテンシーでの市場データ配信を追加

McKay Brothers International

2019/12/3 12:07

McKay Brothersがムンバイに史上最も低いレイテンシーでの市場データ配信を追加

AsiaNet 81953 (2420)

【ジュネーブ2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*英米発信の先物市場データがムンバイのBKCデータセンターで利用可能に

McKay Brothers International(MBI)は、史上最も低いレイテンシーの市場データ・サービスをインドに拡張したと発表した。Quincy Extreme Data(QED)サービスは、厳選されたロンドン金属取引所のデータを、ムンバイのBanda Kurla Complex(BKC)で片道51ミリ秒未満で配信している。さらに、MBIは米イリノイ州オーロラ発信の厳選された金属、エネルギー、FX先物データをBKCで史上最も低い商用レイテンシーである片道85ミリ秒未満で提供している。

MBIのマネジングディレクターであるフランソワ・ティク氏は「インド市場の成長は、地元トレーダーの活発なコミュニティーによって支えられており、グローバル企業から大きな関心を集めている。これらすべての市場参加者にとって、最もレイテンシーの低い市場データへのアクセスは極めて重要だ」と述べた。

MBIのステファン・ティク共同創設者は「当社の設立理念は、すべての企業が当社の最良のレイテンシーで購読できることだ。インド市場で取引しているあらゆる企業にQEDの最良のレイテンシーを提供できることをうれしく思う」と述べた。

MBIの代表は、12月3-6日にシンガポールで開催されるFIA Asia会議に出席する予定だ。

MBIは、低レイテンシーサービスのグローバルなリーチを着実に拡大している。東京とシンガポールを結ぶ同社の初のハイブリッドマイクロ波/ファイバーアジアネットワークは2016年に開設された。このネットワークは、QEDサービスを介して大阪証券取引所から厳選された先物と、史上最も低いレイテンシーのプライベート帯域幅を提供した。MBI初の欧州ルートであるロンドン・フランクフルト間は2014年に稼働開始し、これも史上最も低いレイテンシーを提供している。MBIは、その回廊にある主要なロンドンの取引センターにある厳選されたEurex先物を再配信した。MBIの米国市場データ子会社であるQuincy Data, LLCは2012年以降、厳選されたイリノイ州発信の先物商品を再配信している。MBIの最も低いレイテンシーサービスはすべての加入者に提供されている。

▽McKay Brothers International, SAについて

McKay Brothers International SAはマイクロ波ベースの市場データ・サービスの実績あるプロバイダーである。同社は、アジアと欧州で長距離マイクロ波およびハイブリッドマイクロ波/ファイバーネットワークを運営し、欧州、アジア、北米の主要取引所グループ発信の厳選された市場データを配信している。

ソース:McKay Brothers International

▽問い合わせ先

MBI Media Relations

contact@mckay-brothers.com

McKay Brothers Adds Market Data Distribution in Mumbai at the Lowest Known Latency

PR81953

GENEVA, Dec. 3, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

--UK and US-sourced futures market data available at Mumbai's BKC data center

McKay Brothers International (MBI) announced an expansion of its lowest known

latency market data services to India. The Quincy Extreme Data (QED) service

now distributes select London Metals Exchange data at Mumbai's Banda Kurla

Complex (BKC) in less than 51milliseconds one-way. In addition, MBI offers

select Aurora, Illinois-sourced Metals, Energy, and FX futures data at BKC in

less than 85 milliseconds one-way, the lowest known commercial latency.

Francois Tyc, MBI Managing Director: "The growth of Indian markets has been bolstered

by an active community of local traders and has attracted substantial interest from global

firms. Access to the lowest latency market data is critical for all these market participants."

Stephane Tyc, MBI co-founder: "A founding principle of our company is that all

firms can subscribe to our best latency. We are pleased to offer QED's best latency

to any firm trading in Indian markets."

MBI representatives will attend the FIA Asia conference in Singapore from 3-6 December.

MBI has consistently expanded the global reach of its low latency services.

The company's first hybrid microwave/fiber Asia network -- between Tokyo and

Singapore - opened in 2016. That network offered select futures from the Osaka

Securities Exchange via the QED Service, as well as the lowest known latency

private bandwidth. MBI's first European route - between London and Frankfurt -

went live in 2014, also at the lowest known latency. MBI redistributed select

Eurex futures in key London trading centers in that corridor. MBI's US market data

affiliate, Quincy Data, LLC, has been redistributing select Illinois-sourced futures

instruments since 2012. MBI's lowest latency services are offered to every subscriber.

About McKay Brothers International SA

McKay Brothers International SA is a proven provider of microwave-based market

data services. The company operates long-haul microwave and hybrid microwave/fiber

networks in Asia and Europe and distributes select market data sourced from major

exchange groups in Europe, Asia and North America.

SOURCE: McKay Brothers International

CONTACT: MBI Media Relations: contact@mckay-brothers.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中