【THK株式会社】 THK、ミズノ共同開発 人型ロボット専用ウエア を搭載したSEED-Noid TypeGを公開

THK

2019/12/18 12:00

2019/12/18

THK株式会社

THK、ミズノ共同開発 人型サービスロボット専用ウエア を搭載したSEED-Noid TypeGを公開

THK株式会社(東京都港区 代表取締役社長 寺町 彰博、以下 THK)と

ミズノ株式会社(大阪市住之江区 代表取締役社長 水野 明人、以下 ミズノ)は、

2018年10月17日に発表いたしました人型サービスロボット専用の空冷ウエア

「エアリージャケット」の共同開発について、

このたび開発が完了したため公開いたします。

エアリージャケットは、サービスロボットの活用における連続稼働、

防塵、衛生面などの課題を解決し、 労働人口の減少を背景に拡大する

ロボット市場においてその活用領域をひろげます。

THKは、本製品を自社開発のプラットフォームロボット

SEED-Noid TypeGの標準服として採用し、 2020年内の販売開始予定。

今月18日より開催の国際ロボット展弊社ブースにて先行公開いたします。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース