公募型共同研究成果「スマート鳥獣自動判別システム」を用いたサービス開始 AIによる獣種判別で業務効率化

2021年3月15日

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

株式会社スカイシーカー

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)と株式会社スカイシーカー、および東京都立大学は、あきる野市を実証実験先とした広域実証型研究により「スマート鳥獣自動判別システム」を開発し、スカイシーカーが、本システムを用いたサービスを3月15日より開始いたします。

 

◆スマート鳥獣自動判別システムの概要◆

LTE通信機能付き定点カメラを介して受信した撮影データについて、数千枚のデータを学習したAIで獣種の判別を行い、獣種別のカウントや報告書の作成までを自動化するシステムです。本システムにより、人の目で判別していた作業が自動化され、実証実験では2,000枚の撮影データの識別をわずか10分で行うことができ、作業負担を大幅に削減することができます。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

本システムの概要図

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他製品
  • URL http://www.iri-tokyo.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中