オリエントコーポレーション 、コールセンター業務において「COPC®CX規格」の認証を取得

信販業界で日本初!

プロシード

2021/3/18 17:00

株式会社オリエントコーポレーション (以下、オリコ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯盛 徹夫)のオリコカードセンター、および東京第一サービスセンターは、信販業界としては日本国内で初めて、国際基準品質保証規格「COPC® CX規格 CSP版リリース6.1(以下、COPC® CX規格)(※1)」の認証を取得しました。オリコカードセンター、東京第一サービスセンターは、共に顧客満足度向上をめざし、コロナ禍においても従業員の安心・安全に配慮しながら、応答率改善と応対品質強化を促進していることが評価され、COPC® CX規格の認証取得となりました。日本における唯一のCOPC®規格監査実施機関である株式会社プロシード(※2)は、オリコのCOPC®規格の認証取得について、以下のようにコメントしています。「オリコカードセンター、および東京第一サービスセンターは、それぞれ異なる顧客対応業務を行う中で、お客様の求める品質や自社方針の実現を達成するため、センター一丸となり改善活動に取り組み、パフォーマンス向上を果たしたことが評価されました。」COPC® CX規格は、優れた顧客体験(CX)を目指す会社のために策定された国際基準であり、運営プロセスの方法やベンチマークが定められています。現地でのオペレーション監査とパフォーマンスデータの評価に基づき、サービス提供の迅速性、顧客応対品質、運営の効率性、顧客満足度において一貫して高い成果を出している組織に対して、授与されるものです。

 

(参考)認証ステータス

規格名:COPC®CX規格 Release 6.1

認証企業名:株式会社オリエントコーポレーション

ロケーション:ふじみ野

認証範囲:オリコカードセンター東京第一サービスセンター

認証機関:COPC Inc. (米国COPC社)

 

(※1)COPC®規格とは、1996年に米国において、コールセンター業務を実施・発注する企業(マイクロソフト、デル、アメリカンエキスプレス等)が集まり、オペレーションの品質を上げ、顧客満足度を向上させるマネジメントモデルの作成が開始されました。米国国家経営品質賞(マルコム・ボルドリッジ賞=MB 賞)の概念に基づき、世界的に需要が拡大し始めたコールセンター業務に対応できる「パフォーマンス改善モデル」としてCOPC®規格が誕生し、また規格の運用、維持のための組織として、米国COPC社 (COPC Inc.)が設立されました。COPC®は、COPC社(本社:米国フロリダ州)の登録商標です。(※2)日本でのCOPC®規格監査実施機関は、株式会社プロシード(代表取締役社長 根本 直樹)になります。コンタクトセンターマネジメント、カスタマーエクスペリエンス(CX)マネジメントにおける、マネジメントフレームワークを用いた教育研修、導入コンサルティング、および業務改善コンサルティングを行っています。詳しくは、https://www.proseed.co.jp/をご覧ください。

 

◆オリコについて◆

  株式会社オリエントコーポレーション

  代表取締役社長 飯盛 徹夫  

  東京都千代田区麹町5丁目2番地1

  1954年 設立

 

◆プロシードについて◆

  株式会社プロシード(COPC 日本総代理店)

  代表取締役社長 根本 直樹

  東京都千代田区丸の内一丁目6番6号

  日本生命丸ノ内ビル22階

  1991年 設立

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中