ヴァイサラ、次世代の本質安全防爆変換器 HMT370EXシリーズを発売

ゾーン0およびゾーン20の危険場所でもより使いやすく、互換性を高く

ヴァイサラ

2021/7/1 11:00

2021年7月1日

ヴァイサラ、次世代の本質安全防爆変換器 HMT370EXシリーズを発売

--- ゾーン0およびゾーン20の危険場所でもより使いやすく、互換性を高く ---

 

 ヴァイサラ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ヴェリ・ソレフマイネン、以下ヴァイサラ)は、HMT370EXシリーズ 本質安全防爆構造湿度温度変換器(以下、HMT370EXシリーズ)を本日より販売開始します。価格は定価401,000円(税抜き)~です。

 本シリーズは20年以上にわたってご愛顧いただきましたHMT360シリーズの後継機です。新しいヴァイサラ HUMICAP® HMT370EXシリーズは、HMT360シリーズで培った経験と技術を基に、さらに堅牢で使いやすいデザインとなっています。

 

危険場所での湿度計測に理想的なソリューション

 HMT370EXシリーズは、危険区域や爆発の危険性がある環境用に特別設計されています。変換器全体を、ゾーン0およびゾーン20の爆発危険区域に設置できるため、追加の筐体は不要です。本変換器は堅牢なディスプレイのため、可燃性ガスや粉塵のある危険場所でも継続的に暴露に耐えることができます。これにより、最も高い危険度レベルの環境でも、信頼性の高い計測を実現します。

 HMT370EXシリーズの一般的な用途には、自動車等輸送機器の塗装ブース、化学工場とそのプロセス、医薬品製造、発電のための水素冷却発電機、石油およびガス掘削プラットフォーム、製パン/菓子製造業、燃料タンクや貯蔵庫などが含まれます。

 

様々な用途に対応できる各種プローブオプション

 HMT370EXシリーズは、変換器と多様なプローブオプションで構成されています。変換器には、直感的に計測値やステータスを把握できるグラフィックディスプレイが備わっています。ディスプレイには、トレンドインジケーター、設定、校正ビューなどの機能を備えています。

 計測プローブは手で取り外しが可能で、ヴァイサラInsightソフトウェアによって簡単に設定の確認や変更が可能です。これにより、メンテナンスがスムーズになり、計測のダウンタイムを最小限に抑えることができます。HMT370EXシリーズは、用途に合わせて以下のプローブからお選びいただけます。

 -        HMP371 壁取り付けタイプ

 -        HMP373 小型センサヘッドタイプ

 -        HMP374 高圧環境向け

 -        HMP375 高温環境向け

 -        HMP377 高湿環境向け

 -        HMP378 高圧パイプライン向け

 

 HMT370EXシリーズの詳細については、以下をご参照ください。        

 https://www.vaisala.com/ja/products/instruments-sensors-and-other-measurement-devices/instruments-industrial-measurements/humidity-normal-or-wet-conditions/hmt370ex

 

■ ヴァイサラについて

 ヴァイサラは、環境/産業計測分野における世界的なリーディング企業です。当社は85年にわたる経験を活かし、火星探査などにも活用されている宇宙環境にも耐えうる技術によって、より良い世界に向けた観測を提供します。ヴァイサラは世界各国のお客様にとって、革新的な観測・計測機器とサービスを総合的に提供できる信頼されるパートナーです。本社であるVaisala Oyjはフィンランドのヘルシンキにあり、世界各国に1,900人超の社員を有し、NASDAQ Helsinki に上場しています。当社に関する詳細は、vaisala.jawww.twitter.com/VaisalaGrouplinkedin.com/vaisalaをご覧ください。

● 本報道発表資料に記載されている内容は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ヴァイサラ HMT370EX 製品画像_ディスプレイあり

ヴァイサラ HMT370EX 製品画像_ディスプレイなし

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中