Fusion 360 学生デザインコンテスト2021「梅雨を楽しむアイテム」で優秀賞受賞。国際高専2年の山崎さん

Fusion 360 学生デザインコンテスト2021「梅雨を楽しむアイテム」で優秀賞受賞

国際高等専門学校2年の山崎さん

 

2021年7月7日(水)、Fusion 360 学生デザインコンテスト2021「梅雨を楽しむアイテム」の結果発表が行われ、国際理工学科2年の山崎史依さんの作品が優秀賞を受賞しました。Fusion 360 学生デザインコンテストは3D CADソフトの「Fusion 360」を学んでもらうため、販売元のAutodesk社が毎月テーマを変えて開催しているコンテストです。6月は「梅雨を楽しむアイテム」というテーマで募集が行われ、80点近くある応募の中から山崎さんの作品が優秀賞に選ばれました。

 

1年生の授業「エンジニアリングデザイン」で初めて触れたCADソフト「Fusion 360」に、現在では時間を忘れるくらい没頭している山崎さんは、2020年12月に初めて応募した作品「ブックツリー」で特賞を受賞してから、毎月変わるテーマに欠かさず作品を送っています。2回目となる今回の受賞についての感想を聞くと「嬉しかった。自分ののびのびしたアイデアを100%作品に活かすことができたことが良かった。選ばれたことには感謝しかありません」と語りました。

 

今回の作品「アマトイ」は「雨どい」と英語でおもちゃを意味する「トイ」を組み合わせた名前で、自宅の雨どいからインスピレーションを得て作られました。「古くから日本にある水の流れを楽しむ風流を味わうとともに、水を使って発電して遊べる機能があります。」と説明にあるように、全5種のパイプを取り外して自由に組み替えることができます。ジメジメした梅雨でもユーザーが水の流れを楽しんで、雨の日を待ちわびてくれるような作品になっています。YouTubeで結果発表を担当したALPスペシャルサポーターのイジュさんも「斬新ですよね。今までの商品にないんじゃないかな?これ商品化したら凄く面白そう」と興味津々でした。

 

制作過程を山崎さんに伺うと、「ひと月のうち、考える期間が15日以上ある。その間は思いついたアイデアを書き留めるなどして絞っていく。中途半端に手を出すのが1番ダメと初応募した12月に学びました。今までにない新しいものを作るのが目標です」と話してくれました。

 

なお、山崎さんは7月11日(日)開催の国際高専オンライン進学説明会で、自身の取り組みについて発表します。ぜひご覧ください。本人は「CADソフトをもっと知ってほしいので、進学説明会に来てください!」と意欲を見せていました。











本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校
  • 所在地 石川県
  • 業種 初等教育・中等教育
  • URL https://www.ict-kanazawa.ac.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース