抗腫瘍効果を高める「樹状細胞の活性化処理方法」に関する特許が日本で成立

メディネット

2013/7/22 12:00

株式会社メディネットは、樹状細胞を用いてCTL(細胞傷害性T細胞)の誘導を従来に比べ最大で100倍に向上させることが出来る「ビスホスホネートと抗原で樹状細胞を共感作する処理方法」に関して、日本において特許が成立いたしましたのでお知らせします。

2013年7月22日

株式会社メディネット

抗腫瘍効果を高める「樹状細胞の活性化処理方法」に関する特許が日本で成立

 株式会社メディネットは、樹状細胞(DC:Dendritic Cell)を用いてCTL(細胞傷害性T細胞)※1の誘導を高める処理方法に関して、既に欧州11 カ国およびオーストラリアで特許が成立しておりますが、この度、日本においても特許が成立いたしましたので、お知らせします。

 

 今回成立した「ビスホスホネートと抗原で樹状細胞を共感作する処理方法」は、当社が既に提供している樹状細胞ワクチン技術の処理方法で、従来の方法に比べ、CTL の誘導を最大で100 倍に向上させることができます。

 尚、今回取得した特許技術の基礎技術にあたる、ビスホスホネートを用いて樹状細胞にガンマ・デルタT細胞の誘導能を発揮させる樹状細胞の調製方法は、既に欧州、韓国および日本で特許を取得しております※3。

 メディネットは、再生・細胞医療を推進する政府方針を追い風と捉え、本プラットフォーム技術を活用し、

細胞加工受託業や細胞医療製品の開発を推進してまいります。

【特許情報】

登録番号: 5307944

発明の名称: 抗原提示細胞の活性化処理方法

権利者: 株式会社メディネット

対象国: 日本

                                                                

※1:CTL

CTL とはCytotoxic T Lymphocyte(細胞傷害性T リンパ球)の略。T リンパ球の一種で宿主にとって異物になる細胞(がん細胞・ウイルス感染細胞・移植細胞など)を認識して殺傷する。

※2:2012 年8 月17 日リリース http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1000631

「抗腫瘍効果を高める「樹状細胞の活性化処理方法」に関する特許が欧州11 カ国で成立」

2012 年10 月31 日リリース http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1012725

「抗腫瘍効果を高める「樹状細胞の活性化処理方法」に関する特許が豪州で成立」

※3:2012 年3 月19 日リリース http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=959847

「がん治療に用いる「樹状細胞」に関する特許が欧州11 カ国で成立」

2013 年1 月31 日リリース http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1031228

「樹状細胞」に関する特許が日本および韓国においても成立」

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中