岡村製作所の2製品が「JIDAデザインミュージアムセレクション」に選定

オカムラ

2015/2/4 13:00

株式会社 岡村製作所のイノベーションオフィスシステム「muffle(マッフル)」とオフィスシーティング「Sabrina(サブリナ)」シリーズが、2015年1月16日、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)主催の「JIDAデザインミュージアムセレクション vol.16」として選定されました。

2015年2月4日

株式会社 岡村製作所

岡村製作所の2製品が「JIDAデザインミュージアムセレクション」に選定

イノベーションオフィスシステム「muffle(マッフル)」とオフィスシーティング「Sabrina(サブリナ)」

が選定されました

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)のイノベーションオフィスシステム「muffle(マッフル)」とオフィスシーティング「Sabrina(サブリナ)」シリーズが、2015年1月16日、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)主催の「JIDAデザインミュージアムセレクション vol.16」として選定されました。

「JIDAデザインミュージアムセレクション」は、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が、ミュージアムコレクション充実のための事業として1998年に開始しました。 その時代、特に収蔵しておきたいデザイン性の高い商品を選定し、「JIDAデザインミュージアムセレクション」として発表・展示・記録を行っています。2014年度は37製品が選定され、オカムラは2製品が選ばれました。今後は長野県長野市信州新町にあるJIDAデザインミュージアムにて展示・保管される予定です。

―「JIDAデザインミュージアムセレクション」の概要―

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)は、1952年に創立されたインダストリアルデザイナーの唯一の全国組織です。これまで50年以上に渡って、各分野、各地域のデザイン関係団体とも協力して、日本のデザイン界と産業や社会、文化の発展のために貢献しています。JIDAデザインミュージアムは、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的として、1997年に開設されました。開設以来、デザイン性の高いものやその時代をリードした製品などを中心に、収集・展示しています。

―「JIDAデザインミュージアムセレクション」選定製品の概要―

■イノベーションオフィスシステム「muffle」

タブレットPCやスマートフォンの利用が進み働き方が多様化するなか、「muffle」は多彩な仕切り方で個人とチームそれぞれに快適な環境を構築するオフィスシステムです。個人の力とチームの力を最大限に発揮するための環境づくりを提案する「Focus&Collaboration」というコンセプトのもと、豊富なカラーと形状のバリエーションを持つパネルやテーブルなどを組み合わせて、さまざまなオフィス空間を提供します。2013年の発売以降好評を得ており、2014年11月には品揃えを追加し、より多彩なレイアウトに対応しています。

【さまざまな空間に対応するレイアウト例】

●ひとりでじっくり考え、集中できる環境:テーブル付のブースセット、パネルで仕切られた個人ワーク席

●自席の近くに、交流を活性化する空間:プロジェクトルームの一時的な拠点としても活用できる簡易ルーム、人が集いやすいアール形状のパネルと、パネルに沿ったハイカウンター

●ひとりで集中作業や同僚と打ち合わせなど、オフィスフロア内に「半個室」の空間:ソファセットとテーブル、レストランの個室のように周りから仕切られた居心地のよいボックスミーティングユニット

オカムラウェブサイト「muffle」 http://www.okamura.co.jp/product/others/muffle/

■オフィスシーティング「Sabrina」シリーズ

「Sabrina」はイタリアのインダストリアルデザインの名門「ジウジアーロ・デザイン」社とのコラボレーションにより誕生した、独創的で有機的なフォルムが印象的なオフィスシーティングです。「Sabrina」シリーズは、2012年の発表以来オカムラの新たなシンボルとして、国内外の数々の賞や選定を受けています。背のリングフレームとメッシュが背中を優しく受け止め、左右に分かれたサイドフレームが適度なベンディング機能を生み出します。ビジネスパーソンの多様な働く姿勢をサポートするために、「Sabrina Smart Operation(サブリナ スマートオペレーション)」と「Sabrina Standard(サブリナ スタンダード)」の2種をラインナップし、操作方法などによってお選びいただけます。

Sabrina Smart Operation

座ったままの状態で各種調節が行なえます。肘の先端に装着された操作レバーにより、座面の高さとリクライニングの角度を調節できます。さらに、新開発の「クイックスライドオペレーション」を採用し、座面右下の操作レバーを前後にスライドさせるだけの簡単操作で、リクライニング反力の強弱を調節できます。これまでのスマートオペレーションから、さらに進化をとげた最先端の操作性を体感していただけます。

Sabrina Standard

執務用として使用しやすい「Sabrina Standard」は、座面下のレバーやダイヤル操作によりさまざまな調整が可能です。背と座が連動する「シンクロリクライニング」。リクライニング角度は直立ポジションから前方に10度、後方に23度です。

オカムラウェブサイト「Sabrina」 http://www.okamura.co.jp/product/seating/sabrina/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

JIDAデザインミュージアムセレクションに選定されたmuffleとSabrinaシリーズ

テーブル付のブースセット

パネルで仕切られた個人ワーク席

プロジェクトルームの一時的な拠点としても活用できる簡易ルーム

人が集いやすいアール形状のパネルと、パネルに沿ったハイカウンター

ソファセットとテーブル

レストランの個室のように周りから仕切られた居心地のよいボックスミーティングユニット

Sabrina

背のリングフレームとメッシュ

Sabrina Smart Operation

Sabrina Standardのシンクロリクライニング

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中