一貫生産体制を確立し、グローバル競争力を強化 フィリピン 検査機器工場・物流棟の竣工式を開催

アークレイ

2016/1/21 15:45

アークレイ株式会社は、フィリピン共和国・バタンガス州の生産工場「ARKRAY Industry, Inc.」において、 昨年2月より建設を進めてきました検査機器工場・物流棟が完成し、本日1月21日(木)に竣工式を 執り行いましたので、お知らせします。

2016年1月21日

アークレイ株式会社

一貫生産体制を確立し、グローバル競争力を強化

フィリピン 検査機器工場・物流棟の竣工式を開催

アークレイ株式会社は、フィリピン共和国・バタンガス州の生産工場「ARKRAY Industry, Inc.」において、昨年2月より建設を進めてきました検査機器工場・物流棟が完成し、本日1月21日(木)に竣工式を執り行いましたので、お知らせします。

アークレイ株式会社(以下、アークレイ)のフィリピンにおける生産拠点「ARKRAY Industry, Inc.」は2011年9月の操業以来、尿検査試薬をはじめとする体外診断用医薬品を生産しています。

既存の体外診断用医薬品の生産工場に加え、このたび検査機器工場ならびに物流棟が完成し、本日1月21日(木)午前9時(現地時間)より竣工式ならびに内覧会を開催しました。なお竣工式には、フィリピン経済区庁長官をはじめ、多くのご来賓にご臨席いただきました。

「ARKRAY Industry, Inc.」は、検査機器・体外診断用医薬品の一貫生産・出荷体制の確立により、今後アークレイグループの基幹工場としての役割を強化し、グローバル市場の需要拡大に対応します。

まずは2016年4月より、糖尿病検査機器、尿検査機器の生産・出荷を開始します。また、生産受託事業を開始することで、事業拡大を図っていきます。

アークレイは、これからも各地の生産拠点※の能力増強と効率的な生産・供給体制の構築を図り、世界各国の市場ニーズやトレンドに適した製品を迅速にお届けしていきます。

※アークレイファクトリー(日本・滋賀県)をマザー工場に、中国(上海・平湖)・フィリピン・インド・アメリカ・

イギリス・ロシアの7ヵ国に9つの生産拠点を設け、80ヵ国以上で製品を販売しています。

<機器工場の概要>

所在地:Lot 22 Phase 1A, First Philippine Industrial Park, Brgy. Sta. Anastacia, Sto. Tomas, Batangas 4234, PHILIPPINES

(フィリピン共和国バタンガス州セントトーマス)

Tel:+63-43-405-6450  fax:+63-43-405-6449

工場規模:約7,500㎡(増設部分建屋 約5,000㎡、全敷地面積 約20,000㎡)

主な生産品目:臨床検査機器(主に糖尿病検査、尿検査用検査機器など)

生産開始予定:2016年4月

<ARKRAY Industry, Inc.の概要>

代表者:八田正範

従業員数:約300名(2016年4月以降)

事業内容:臨床検査機器・体外診断用医薬品(試薬)などの製造

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース