グローバル研究開発網を強化 インドにAIソフトウェア開発拠点を開設

アークレイ

2018/12/20 14:00

アークレイ株式会社は、このたびインド西部のマハラシュトラ州プネーにグループ4ヵ国目となる研究開発拠点を開設しました。2018年12月下旬より本格稼動し、AI技術を使った臨床検査システムなどの開発につなげていきます。

2018/12/20

アークレイ株式会社

グローバル研究開発網を強化

インドにAIソフトウェア開発拠点を開設

アークレイ株式会社(以下、アークレイ)は、グループの研究開発の中核を担う京都研究

所をはじめ、シンガポール、韓国に開発拠点を設けています。このたび4ヵ国目となる

研究開発拠点をインドの現地法人「ARKRAY Healthcare Pvt. Ltd.」※の傘下に

設置しました。IT人材が豊富なインドで、AI分野に精通した優秀な人材を現地で採用し、

ディープラーニングを用いたソフトウェア開発などを中心に進めていきます。

アークレイは今後も研究開発のグローバル化を加速し、新製品開発・新技術開発のスピー

ドアップを図り、より正確な診断に寄与する臨床検査システムの開発を推進します。

※「ARKRAY Healthcare Pvt. Ltd.」(営業・サービス拠点/マハラシュトラ州ムンバイ)、

 「ARKRAY Healthcare Pvt. Ltd. Surat Factory」(生産拠点/グジャラート州スーラト)

<新研究開発拠点の概要>

所在地 :Third floor, 402, Hinjawadi Flyover, Near, Service Rd, Wakad, Pimpri-Chinchwad,

     Maharashtra 411057, INDIA

活動概要:AI技術を用いたソフトウェアの開発等

活動開始:2018年12月下旬

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース