H&Mグループは約200万人の労働者の生活改善のため、サプライヤーにデジタル支払いを推奨へ

Better Than Cash Alliance

2017/3/8 17:20

H&Mグループは約200万人の労働者の生活改善のため、サプライヤーにデジタル支払いを推奨へ

AsiaNet 67722 (0346)

【ニューヨーク2017年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*H&Mグループは国連の「ベター・ザン・キャッシュ・アライアンス(Better Than Cash Alliance)」に加入する初めてのグローバルファッションブランドとなる

スウェーデンのファッション企業H&Mグループは8日、従業員の生活を改善し、透明性を高め、工場コストを削減するために、サプライヤーにモバイルマネーやデジタル形態で自社従業員に報酬を支払うこと推奨すると発表した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120919/CG77018LOGO

H&Mグループは、現金からデジタル決済を促進している政府、企業、国際組織が集まった国連をベースにしたパートナーシップである「ベター・ザン・キャッシュ・アライアンス」(https://www.betterthancash.org )に正式加入して、この取り組みを開始する。

H&Mグループのソーシャルサステナビリティー担当マネジャー、グスタフ・ローベン氏は「デジタル決済は、サプライヤーの従業員の生活を向上させる効率的でスケーラブルな方法である。サプライヤーは給与を受け取り、フィナンシャル・インクルージョン(金融包摂)を増大させ、女性の経済的自立を支援するための、より迅速かつ安全で透明な方法を提供する。また、サプライヤーにとって、賃金をデジタル支払いすることで貯蓄を生み出し、安全保障を高め、より正確な賃金データを提供することができる」と語った。

H&Mグループのサプライチェーンで雇用されている160万人のうち65%は女性であり、その多くは自分や家族の生活をより豊かにするために必要な金融サービスへのアクセスが限られている。世界では賃金を全額現金で支払われている工場従業員が多く、工場と従業員の両方にとって面倒で高コストで危険なプロセスが必要である。H&Mグループはビジネスパートナーと協力して良好な労働条件、適正な生活賃金、持続可能な経済成長を促進するというサステイナビリティー・コミットメントに基づき、サプライヤーに、銀行口座、カード、またはモバイルマネーなどのデジタルチャンネルを通じた賃金支払いを奨励している。

大きなメリットを受けるのは女性労働者であり、この取り組みは持続可能な開発目標のジェンダー平等(SDG5)および、適正な労働と経済成長(SDG8)を達成しようとする企業がます取り掛かる好例である。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスのマネジングディレクターであるルース・グッドウィングリューン博士は「H&Mグループは、現金決済に偏ったサプライチェーンが従業員を支援する尽力を制限し、企業の透明性向上を阻害している状況を認識する大胆な一歩を踏み出している。H&Mグループのリーダーシップは業界の他の企業にも、他の業界にも、デジタル支払いへの移行と、新興市場での包括的な成長および持続可能な開発目標への移行に貢献する」と述べた。

さらに、H&Mグループは、オーガニックコットンや「Better Cotton(ベターコットン)」を世界でリードするユーザーの1つであり、社会的、環境的に持続可能な基準と行動を順守している。世界の綿サプライチェーンへのデジタル決済を拡大することは、デジタル決済システムや一般的な金融サービスへのアクセスが制限されている小規模農家を含む2億5000万人の人々にデジタル決済が広がる可能性を秘めている。デジタル決済は、消費者ニーズに対し対応し責任ある形で設計された場合には、H&Mグループがサプライヤー・ベースを拡大し、持続可能で生産性の高い農業セクター構築に寄与することを可能にする。そのような農業セクターを推進することは持続可能な発展アジェンダの基盤である。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスは、過去5年間に労働者の賃金支払いを現金からデジタルに移行させたバングラデシュの縫製工場の一部を調査した新しい調査報告(https://www.betterthancash.org/tools-research/case-studies/digitizing-wage-payments-in-bangladeshs-garment-production-sector )を発表した。工場の観点から見ると、デジタル支払いへの移行は、労働者が生産ライン以外での時間を短縮したため1カ月で約750生産時間の節約をもたらし、2年以内に労働者へハイブリッドモバイルマネー/銀行口座モデル経由で支払うことにより、コストを85%超削減することができることを報告は示している。同時に、デジタル経済への移行は、以前は銀行と縁のなかった従業員を正式な金融システムに引き込み、財務スキルを築くことによりフィナンシャル・インクルージョンを支援している。

H&Mグループは55のベター・ザン・キャッシュ・アライアンスのメンバーに加わり、アライアンスとそのメンバーが提供する知識と技術的専門技術にアクセスし、デジタル決済への移行を加速し、経済成長促進とフィナンシャル・インクルージョン拡大を援助する。

▽ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスについて

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスは政府、企業、国際組織の連合体であり、貧困を減らし、インクルーシブな成長を推進するため、現金からデジタル決済への移行を加速させている。国連資本開発基金(UNCDF)は事務局を務めている。

詳細はウェブサイトhttp://www.betterthancash.org を参照するか、@BetterThan_Cash(https://twitter.com/BetterThan_Cash )でフォローを。ニュースの購読は(http://betterthancash.org/sign-up/ )まで。

ソース:Better Than Cash Alliance

To improve the lives of nearly 2 million workers, H&M group will encourage suppliers to pay workers digitally

PR67722

NEW YORK, Mar. 8, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- H&M group becomes the first global fashion brand to join the United Nations'

Better Than Cash Alliance

The Swedish fashion company H&M group announced today that it will encourage

its suppliers to pay their workers through mobile money or other digital forms

to improve the livelihoods of its workforce, enhance transparency and cut

factory costs.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120919/CG77018LOGO

This effort comes as the company officially joins the Better Than Cash Alliance

( https://www.betterthancash.org/ ), a United Nations-based partnership of

governments, companies and international organizations accelerating the

transition from cash to digital payments.

"Digital payments are an efficient and scalable way to improve the lives of the

employees of our suppliers. They offer a faster, safer and more transparent way

to receive their salary, increase financial inclusion and support women's

economic independence," said Gustav Loven, Social Sustainability Manager at H&M

group. "Also, for our suppliers, paying wages digitally can generate savings,

increase security and provide more accurate data on wages."

Sixty-five percent of the 1.6 million people employed along H&M group's supply

chain are women, many of them with limited access to the financial services

they need to create a better life for themselves and their families. Many

factory workers worldwide are paid entirely in cash, which entails cumbersome,

expensive and dangerous processes for both factories and workers. Encouraging

suppliers to pay wages through digital channels, such as bank accounts, cards

or mobile money, will build on H&M group's sustainability commitment to work

with its business partners to promote good working conditions, fair living

wages and sustainable economic growth.

As the majority of the benefits will be realized by female workers, this move

is a prime example of a corporation working to achieve the Sustainable

Development Goals on Gender Equality (SDG 5) and Decent Work and Economic

Growth (SDG 8).

"H&M group is taking a bold step in recognizing how cash-heavy supply chains

limit efforts to empower workers and prevent companies from increasing

transparency. And, it's inefficient," said Dr. Ruth Goodwin-Groen, Managing

Director of the Better Than Cash Alliance. "H&M group's leadership will help

inspire other companies in the industry, and beyond, to make the shift to

digital payments and contribute to inclusive growth, as well as to the

Sustainable Development Goals, in emerging markets."

In addition, H&M group is one of the leading users of organic cotton and Better

Cotton in the world, and it adheres to socially and environmentally sustainable

standards and actions. Expanding digital payments to the world's cotton supply

chain could potentially reach 250 million people, including smallholder farmers

who currently have limited access to digital payment systems and financial

services in general. Digitizing payments, when designed responsibly and

responsively to consumer needs, can enable H&M group to grow its supplier base

and help create a sustainable, productive agricultural sector, the promotion of

which is a cornerstone of the Sustainable Development Agenda.

The Better Than Cash Alliance has published new research (

https://www.betterthancash.org/tools-research/case-studies/digitizing-wage-payments-in-bangladeshs-garment-production-sector

) examining a selection of garment manufacturing factories in Bangladesh that

have transitioned workers' wage payments from cash to digital in the past five

years. From a factory perspective, the analysis shows that transitioning to

digital payments can save factories approximately 750 hours of production a

month, due to workers spending less time away from the production line and

reduce costs by more than 85 percent within two years of paying workers via a

hybrid mobile money/bank account model. At the same time, moving toward a

digital economy supports financial inclusion by drawing previously unbanked

workers into the formal financial system and building financial skills.

H&M group joins 55 other Better Than Cash Alliance members, and will have

access to the knowledge and technical expertise offered by the Alliance and its

members to accelerate the shift to digital payments, helping to advance

economic growth and expand financial inclusion.

About Better Than Cash Alliance

The Better Than Cash Alliance is a global partnership of governments,

companies, and international organizations that accelerate the transition from

cash to digital payments in order to reduce poverty and drive inclusive growth.

The United Nations Capital Development Fund serves as the secretariat. To learn

more, visit www.betterthancash.org, follow @BetterThan_Cash (

https://twitter.com/BetterThan_Cash ) and subscribe for news (

http://betterthancash.org/sign-up/ ).

SOURCE: Better Than Cash Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中