「PETボトルリサイクル年次報告書2018」発刊のお知らせ

全清飲

2018/11/21 16:30

一般社団法人全国清涼飲料連合会が加盟するPETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区、会長:森 泰治 以下、推進協議会)は2017年度のPETボトルのリサイクル実績を中心に取りまとめた「PETボトルリサイクル年次報告書2018」を発刊しました。

2018年11月21日

PETボトルリサイクル推進協議会

「PETボトルリサイクル年次報告書2018」発刊のお知らせ

 一般社団法人全国清涼飲料連合会が加盟するPETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区、会長:森 泰治 以下、推進協議会)は2017年度のPETボトルのリサイクル実績を中心に取りまとめた「PETボトルリサイクル年次報告書2018」を発刊しました。2001年以来、毎年作成しており、PETボトルの3Rへの取り組みなどを広く啓発していくことを目指しています。

 2017年度トピックスとして、リデュース(軽量化率)では指定PETボトル全体の軽量化率は第3次自主行動計画25%の軽量化目標に対して23.9%(2004年比)と引き続き進展。削減効果量は181.4千トンとなりました。主要な容器サイズ・用途17種類すべてで3~36%の軽量化が進んでいます。

 一方で、リサイクル率は、84.8%と目標85%以上の維持に若干及びませんでしたが、前年度の83.9%に対して約1ポイント上昇しました。これは、リサイクルされた量が昨年度とほぼ同程度で、分母なるPETボトルの販売重量が軽量化の進展で小さくなり、結果としてリサイクル率が1ポイント程度上昇したと見ております。このリサイクル率は欧米の約4割、米国の約2割に比べ顕著に高く、世界最高水準です。

さらに使用済みPETボトルの循環型リサイクルであるボトルtoボトルが61.3千トンと、前年度比で3.8千トンの利用増となり、6.7%伸びました。

 私たちの生活になくてはならない容器として浸透しているPETボトル。そのPETボトルのリサイクルの必要性や循環型社会の大切さ、リサイクルの流れなどを知っていただくための啓発活動などにも積極的に取り組んでいます。

 PETボトルの自主行動計画はPDCA(Plan・Do・Check・Action)を繰り返すプロセスで進めており、プロセスをご理解いただくとともに、PETボトルのリデュース及びリサイクルの3R推進を通じ、より良い社会の実現にいささかなりとも貢献すべく真摯に取り組んでまいります。

 詳しくは「PETボトルリサイクル年次報告書2018」でご確認をお願いいたします。

 HP:http://www.petbottle-rec.gr.jp/nenji/2018/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

PETボトルリサイクル年次報告書2018

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 一般社団法人全国清涼飲料連合会
  • 所在地 東京都
  • 業種 各種団体
  • URL http://www.j-sda.or.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中