毒饅頭で口説けない人向けに「奥の手」を正式発売! なんの変哲もない桐箱に宝を隠す引き出し…

伊豆半島

2019/4/24 14:00

毒饅頭で口説けない人向けに「奥の手」を正式発売!なんの変哲もない桐箱に宝を隠す引き出しが…

伊豆半島合同会社は、奥義「奥の手」を再製造・再販売を開始します。「奥の手」は、底面がスライドして宝物を隠すことができるカラクリ桐箱です。時空を超えて、悪代官と越後屋の気持ちを体感できる作品として2019年4月27日(土)より店頭に並びます。

≪誕生と利用≫

熱海温泉毒饅頭は、プレゼント(お土産)や差し入れとして最適。しかしながら、この毒饅頭でも口説けない人がいるという声を受けて、さらに口説き易い作品を考え、辿り着いたのが「奥の手」です。底面に、あなたの宝物を忍ばせてプレゼントしてください。あの手この手で駄目ならば、あなたにはもう「奥の手」しか残されていない。

≪拘りと人気≫

数あるカラクリ桐箱のアイデアから、底面がとれるもの、底面を重ねるもの、底面をスライドするものに絞り込み製造しました。桐箱らしく上質な仕上がりと珍しさからスライド式を採用しました。ひとつひとつ木目が異なる上質な桐箱、希少な食材で入手が大変な温泉饅頭、敢えて語らない特別なプレゼント入り。2019年4月1日に限定販売、即日完売となりました。

1.毒饅頭桐箱を製造した職人達が「奥の手」桐箱を製造

三重県の木工職人が手作りで仕上げた毒饅頭桐箱を、カラクリ桐箱にアレンジした作品。隠し引き出しをつくり、笑顔が溢れるものを忍ばせることができます。名称とは裏腹に、写真のような笑顔溢れるカワイイ活用法を推奨しています。また、帯付きの札束が入らないように慎重にサイズを工夫しています。

2.販売会社代表の書を印字

伊豆半島合同会社の代表が、東京・銀座の書道教室に2時間通い、習得した小手先の技術を最大限に活かして書を書きロゴを制作しました。敢えて小手先で仕上げた弱々しい書、この書から隠された底面・底力を見抜くことなど到底できません。書の力と箱の力のアンバランスさが魅力を高めてくれます。完璧でない未完成の美しさをご堪能ください。

3.話題の熱海温泉毒饅頭」入り

2018年8月の発売以来、国内外1,000以上のメディアで紹介され、今も入手が難しい熱海温泉毒饅頭入り。お土産屋や差し入れに最適のようで、俳優、女優、アイドルなどの著名な方々も各種メディアで紹介してくれました。国産の最上級の小豆餡と葛粉を使い、無農薬栽培の癖の少ないドクダミを混ぜた日本初の和菓子です。

4.敢えて触れないプレゼント入り

購入者しかわかりません。価値のあるものを入れています。全てが同じものとも限りません。

■作品概要

商品名:奥義 奥の手

価格 :9010円(税込)

算出法:09010(オ0ク9ノ-0テ-10)円

原価率:4割程度 ※初回発売時よりも拘りましたので高くなりました。

販売日:2019年4月27日(土)12:00~

備考 :語呂合わせ金額なので購入時に10円割り引きます

■伊豆半島合同会社について

本社  : 〒413-0015 静岡県熱海市中央町2-6 冨塚ビル1~4階

代表者 : 代表執行役員社長 布施 和広

設立  : 2018年7月

電話番号: 0557-82-2588(代表)

URL   : http://izuhanto.com

事業内容: 観光土産品の企画・製造・販売・コンサルティング、小料理屋・茶屋の運営

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中