第11回日中学長会議を早稲田大学で開催

早稲田大学

2019/10/30 14:00

2019年10月30日

早稲田大学

日中両国の大学学長が新しい教育・研究の在り方を各界に提言するために協議

第11回日中学長会議を早稲田大学で開催

1.日中学長会議とは

日中双方の大学学長が一堂に会し、共通の課題等について話し合う日中学長会議は、日中両国の関係機関の協力により2000年から開催されています。本会議では、日中の学術交流、学生交流の促進につながり、両国の大学教育・研究の新しい在り方を模索し、各界に積極的に提言を行い、率先して実践します。

2.第11回会議

【日時】        2019年11月6日(水)

【会場】        リーガロイヤルホテル東京、3階ロイヤルホール

【参加規模】      160名程度(日本・中国大学関係者、政府機関関係者)

【開催校】       早稲田大学

【幹事校】       東京大学・北京大学

【言語】        日本語および中国語(同時通訳)

【会議テーマ(予定)】 

 I.  基調講演 09:40~10:40

   「日中学長会議2019~今と未来を繋ぐために、新たな連携の扉を開く」

 II.  セッション① 11:00~12:40

   「グローバル化する高等教育における大学の役割とは? 

    ~学問的価値の追求と社会的責務の両立を目指して~」

 III. セッション② 14:20~15:20

   「アジアにおける共同教育・共同研究モデルとは?

    ~日中大学間連携による共同事業事例の共有~」

【参加大学・機関】

<日本側>23機関:北海道大学、東北大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、金沢大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、広島大学、九州大学、愛知大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、立命館大学、早稲田大学、文部科学省、日本学生支援機構、大学改革支援・学位授与機構、科学技術振興機構

<中国側>19機関:北京大学、北京航空航天大学、北京師範大学、南開大学、天津大学、東北大学、ハルピン工業大学、大連理工大学、復旦大学、上海交通大学、南京大学、浙江大学、中国科学技術大学、厦門大学、武漢大学、華中科技大学、西安交通大学、中山大学、中華人民共和国駐日本国大使館教育部

プログラム(予定)

-開会挨拶

 田中 愛治(早稲田大学総長)

-来賓挨拶(調整中)

-基調講演

 田中 愛治(早稲田大学総長)

 王 博 (北京大学副校長)

-セッション① ※発表大学はアルファベット順

 日本側発表大学:金沢大学、京都大学、九州大学

 中国側発表大学:北京師範大学、大連理工大学、華中科技大学、南開大学、武漢大学

-セッション② ※発表大学はアルファベット順

 日本側発表大学:神戸大学、筑波大学

 中国側発表大学:中国科学技術大学

-全体総括

 白波瀬 佐和子 (東京大学理事・副学長)

-本会議司会

 弦間 正彦(早稲田大学理事)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中