「トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)検出キット」の開発

日本製粉

2019/12/16 16:15

2019年12月16日

日本製粉株式会社

茨城県

~これ一つで迅速診断、国内唯一のTYLCVイムノクロマトキット~

「トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)検出キット」の開発

 日本製粉(株)(代表取締役社長:近藤雅之 本店:東京都千代田区)と茨城県農業総合センターは、TYLCVの簡易診断の実用化に向けて共同研究を進めてまいりました。今般、「TYLCVの免疫学的診断法」について、特許出願申請(2019年4月26日)をいたしました。

 この成果をもとに、日本製粉(株)は、TYLCVを生産現場で迅速に検出できる国内唯一のイムノクロマトキット「Agripalette アグリパレット(トマト黄化葉巻ウイルス)(商標出願中)」を開発し、12月23日から日本製粉グループの(株)ファスマック(代表取締役社長:布藤聡 本社:神奈川県厚木市)で、販売を開始します。

 トマト栽培では、TYLCVによる黄化葉巻病が発生し、品質や収量の低下が問題となっています。本ウイルスはまん延が速く、感染すると大きな減収につながるため、早期に診断し対策を講じる必要があります。しかし、生理障害との区別が難しいため、指導機関や農業者等から本ウイルスを簡易に検出できるキットの開発が求められていました。

 今回開発した検出キットを使用することで、早期診断が可能となり、発病株の抜き取りや媒介虫の防除等により本病のまん延を防止できます。

【商品概要】

商品名 : Agripalette アグリパレット(トマト黄化葉巻ウイルス)

定価 : 15,000円(10個入り)(税抜)

発売日 : 2019年12月23日

商品の特長 :

○国内で購入できる唯一のTYLCVイムノクロマトキット

○専門の機器がなくても、ほ場等での診断が可能

○操作が容易で、短時間(30分程度)で検出が可能

○ラインの数で分かりやすい判定

関連情報 : 特願2019-082805号(特許出願中)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Agripalette アグリパレット(トマト黄化葉巻ウイルス)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中