海洋産業の新たなビジネス創出を目指す 「静岡市海洋産業クラスター協議会」プロジェクトのご紹介

~産学官の連携によるAIを活用した漁業支援システムなどを開発中~

静岡市

2021/2/17 10:00

2021年2月17日

静岡市

 伊豆半島最南端の石廊崎と、御前崎を結ぶ線に囲まれた海域の駿河湾は、最深部は深さ2,450mにも達する日本で一番深い湾です。湾内には約1,000種の魚類が棲息しているといわれており、国内では駿河湾でのみ水揚げされるサクラエビや、新種の大型深海魚「ヨコヅナイワシ」などの深海生物も多数棲息しています。

 今回は、駿河湾における研究開発の支援などを通じ、静岡市を海洋産業のクラスターとするために活動している「静岡市海洋産業クラスター協議会」(MICCS)のプロジェクトの一部をご紹介します。

 

【静岡市海洋産業クラスター協議会(MICCS)について】

設立目的:静岡市において、地域の産学官及び国等研究機関の連携のもと、海洋・水産分野におけるイノベーション・ハブとしての役割を果たすことにより、地域発の新事業の創出、既存事業の高度化を促進し、さらには、新たな企業や研究機関、人材を呼び込む事業環境を構築し、海洋・水産関連産業を静岡市の産業経済を支える主要産業の1つとして育て上げることを目的とする。

設立年月日:平成28年5月10日

事業内容:1.事業化推進

     ・マッチング機会の創出⇒ イノベーションを起こすための課題抽出、新技術の活用、SEEDs発掘に必要なマッチングの場の提供を行い支援します。

     ・プロジェクト支援⇒研究・開発プロジェクトの推進を支援します。

     ・事業化支援⇒研究・開発プロジェクト終結後の事業化を支援します。

     2.海洋産業人材の育成

     ・将来のアントレプレナー(起業家)となる人材育成のため、セミナーやワークショップを開催します。

     3.情報発信

     ・ウェブサイトやシンポジウム、メールマガジンなどを通し、情報発信を行います。

公式サイト:http://miccs.jp/

 

産学官の連携で「駿河湾の宝石」の資源保護をサポート

①由比サクラエビプロジェクト

 日本で唯一、駿河湾でのみ水揚げされ、「駿河湾の宝石」とも呼ばれるサクラエビ。2018年以降、深刻な不漁に見舞われているサクラエビの資源を守り、持続可能な漁とするため、静岡市海洋産業クラスター協議会を含めた産学官が連携し、「由比サクラエビプロジェクト」を実施しました。

 

国内で唯一、駿河湾で獲れるサクラエビ

 

◆深海にいるサクラエビの群れを撮影し、大きさなどを瞬時に測定

 日中は水深200~300m付近に棲息しているサクラエビの群れを確認するため、新しいカメラシステムを開発するとともに、実際に撮影された映像をAI技術も用いて解析し、行動や大きさなどを測定。問題なく漁を行うことが可能かどうかの操業判断に役立つ情報を、リアルタイムで取得できるよう研究を進めました。

 

撮影のため開発したカメラシステム

 

◆東海大学や静岡県との連携によるプロジェクトのステップアップ

 「由比サクラエビプロジェクト」は令和元年度で終了しましたが、その成果をベースとし、東海大学海洋学部の西川淳教授を中心とした「SAKURA-Xプロジェクト」が今年度新たに立ち上がりました。

 本プロジェクトは静岡県の研究委託事業に採択され、引き続き各分野のエキスパートが連携して取り組んでいます。協議会でも運営支援を行うなど、プロジェクトに積極的に参画しています。

 

【プロジェクトリーダー】

 東海大学 海洋学部 教授 西川淳

【連携団体】

 静岡市海洋産業クラスター協議会

 (株)富士通ソフトウェアテクノロジーズ

 由比港漁業協同組合

 東海大学

 東京海洋大学

 静岡県水産・海洋技術研究所

 静岡産業技術専門学校

 

◆将来的には漁業者がシステムを運用し、日々の操業判断に利用することが目標

 「SAKURA-Xプロジェクト」では、ステレオカメラによる撮影映像のAI解析、ネットや魚探情報をもとにした高度な分析により、操業判断に必要な情報を提供できるシステムを目指しています。

 

サクラエビ

 

駿河湾の海底300m付近に棲息する生き物の姿を撮影

②「駿河湾深海生物映像図鑑」プロジェクト

 「由比サクラエビプロジェクト」において撮影された、駿河湾の海底300m付近の多種多様な生き物たちの姿を、「駿河湾深海生物映像図鑑」としてまとめてYouTube上に公開しています。

 日本一深い駿河湾の海底にどんな生き物がいるのか、普段は見ることのできない様子をぜひご覧ください。

 

▼静岡市海洋産業クラスター協議会公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCnTYGiIPBTloAZnKBAfn8IQ

 

【現在公開中の動画】

・サクラエビ(https://www.youtube.com/watch?v=7N4ppZyJ3YA

・ホウボウ(https://www.youtube.com/watch?v=SV1nYmhbuF4

・イカ幼体(https://www.youtube.com/watch?v=03IAwLUTxi4

・タカアシガニ(https://www.youtube.com/watch?v=-rjvgcCeQnY

・フウセンクラゲ(https://www.youtube.com/watch?v=DhhkPg70Aj8

・ヒカリボヤ(https://www.youtube.com/watch?v=EiCEbctlXTA

 

【撮影された駿河湾の深海生物(一例)】

ホウボウタカアシガニ

ヒカリボヤイカ幼体

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

国内で唯一、駿河湾で獲れるサクラエビ

撮影のため開発したカメラシステム

サクラエビ

ホウボウ

タカアシガニ

ヒカリボヤ

イカ幼体

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中