アッヴィ、リンヴォック(R)による関節症性乾癬の長期継続治療の分析評価を欧州リウマチ学会で発表

アッヴィ

2021/6/28 11:00

2021年6月28日

アッヴィ合同会社

アッヴィ、リンヴォックR(ウパダシチニブ)による関節症性乾癬の1年以上に及ぶ長期継続治療の分析評価を2021年欧州リウマチ学会(EULAR2021)で発表

 

●SELECT-PsA 2試験において、リンヴォックR15 mg11回投与)の継続投与を受けたbDMARD-IR患者さんの29%56週時の最小疾患活動性を達成し、この結果は24週時でみられたベースラインからの改善と同様1,2

●リンヴォック15 mgの安全性に関する結果は、関節リウマチにおいて既に報告されている結果と一貫しており、新たに重大な安全性のリスクは認められず 1,3

●EULAR 2021で全ての結果を発表

●リンヴォックは、11回経口投与の選択的かつ可逆的なJAK阻害薬としては初めて、3つの成人リウマチ性疾患(関節リウマチ、関節症性乾癬および強直性脊椎炎)の治療薬として欧州連合で承認 2

 

イリノイ州ノースシカゴ、2021年6月2日(米国時間)—アッヴィ(NYSE:ABBV)は、第III相のSELECT-PsA 2試験からの分析結果を本日発表し、リンヴォックR(15 mg、1日1回)の継続投与の結果、非生物学的DMARDで効果不十分であった活動性関節症性乾癬(活動性乾癬性関節炎)患者さんにおいて1年以上におよび(56週)疾患活動性の持続的な改善があったことを示しました1。56週時に、リンヴォック15 mgの継続投与を受けた患者さんの29%が最小疾患活動性(MDA)を達成しました1。この56週時の結果は多重性調整されていません1。第III相のSELECT-PsA 2試験の長期の結果は、EULAR2021で発表されます。これらの結果は、オンライン版のRheumatology and Therapyの2021年4月号でも発表されました。

 

アッヴィのグローバルメディカルアフェアーズのリウマチ学責任者であるムドラ・カプール医学博士、M.D.は、次のように述べています。「リンヴォックが関節症性乾癬(乾癬性関節炎)の多様な筋骨格および皮膚の症状に対して改善を維持したことを示す結果を発表できてうれしく思います。最近のEUでのリンヴォックの関節症性乾癬(乾癬性関節炎)に対する承認に加え、これらの結果は関節症性乾癬(乾癬性関節炎)の複数の兆候や症状に対して、適切な疾病制御を維持するためにリンヴォックが重要な役割を果たせることをさらに裏付けています」

 

SELECT-PsA 2試験では、リンヴォック15 mgの継続投与を受けた患者さんの60%が、56週時にACR 20の改善を達成しました1。さらに、リンヴォックの継続投与を受けた患者さんの41%と24%がそれぞれACR 50とACR 70の改善を達成しました1。また、リンヴォック15mgの継続投与を受けた患者さんにおいて、腱付着部炎や指炎の消失および皮疹消失がベースラインから改善した割合(PASI 75/90/100に基づく算出)は維持されました1

 

56週時で確認できた有効性に関するSELECT-PsA 2試験結果1

リンヴォック15 mg(n=211)
MDAa 29%
ACR20b 60%
ACR50b 41%
ACR70b 24%

※無作為化投与に基づいて報告された有効性データ。本試験の薬物投与が中止された患者さんに関しては、二値エンドポイントにおいてノンレスポンダー(NRI)として取り扱った。報告されたすべての評価項目について、多重性の調整は行わなかった。

a:MDAはアウトカム評価の7項目中5項目以上を満たしていることと定義される。TJC≦1、SJC≦1、PASI≦1またはBSA-Ps≦3%。
患者報告による疼痛程度評価(NRS)≦1.5、PtGA-疾患活動性NRS≦2.0、HAQ-DIスコア≦0.5 およびリーズ腱付着部炎指数(LEI)≦1。

b:ACR20/50/70は、圧痛関節数と腫脹関節数に関して、ベースラインからそれぞれ20%、50%、70%以上の低下、および米国リウマチ学会(ACR)のコアセットの残り5項目(患者による疼痛評価、患者による疾患活動性の全般評価、患者による身体機能評価、医師による疾患活動性の全般評価、急性期反応物質)のうち3項目以上における同等の改善と定義。

 

スウェーデン医療センター/プロビデンス・セント・ジョセフ・ヘルスのリウマチ学研究科のディレクターであるフィリップ・ミース医学博士、M.D.は、次のように述べています。「関節症性乾癬(乾癬性関節炎)の管理は、持続的な筋骨格系および皮膚症状により複雑になることがあり、しばしば疼痛および身体機能の喪失を引き起こすことがあります。これらのデータは、リンヴォックが新規の重大な安全性リスクなく、1年にわたって関節症性乾癬(乾癬性関節炎)の症状改善を維持できたことを示しています。リンヴォックは、リウマチ専門医が疾患活動性改善の維持を患者さんに提供するための一助となる重要な治療薬となりえます」

 

24週時におけるリンヴォック15 mgの安全性に関する結果は、既に報告されているように、関節リウマチの臨床試験プログラムで認められたものと一貫しており、新たに重大な安全性のリスクは認められませんでした1,3。56週時のリンヴォック15 mgにおける感染症の発現率は、2.6/100人年でした1。有害事象では、重度の心血管イベントの発現率は0.2/100人年、重篤な静脈血栓塞栓イベントの発現率は0.2/100人年でした1。56週間を通じてリンヴォック15 mg群において死亡例は報告されませんでした1

 

アッヴィは、既にSELECT-PsA 2試験のトップラインデータを発表しており、これはプラセボ群と比較し、リンヴォック群でより多くの患者さんがACR 20の主要評価項目およびすべての主な副次評価項目を満たしたことを示しています5

 

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)について

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)は、多様な病態をもつ全身性炎症性疾患で、関節や皮膚などの複数の領域に特徴的な症状が現れます6,7。関節症性乾癬(乾癬性関節炎)では、免疫系が引き起こす炎症によって、疼痛、疲労および関節のこわばりが生じることがあり、うろこ状の赤い皮疹を引き起こすことがあります6,7

 

SELECT-PsA 2試験について1,8

SELECT-PsA 2試験は、1種類以上の生物学的DMARD(bDMARD)で効果不十分であった活動性関節症性乾癬(活動性乾癬性関節炎)の成人患者さんを対象に、リンヴォックの安全性および有効性を評価するためにデザインされた第III相、多施設共同、無作為化、二重盲検、並行群間比較、プラセボ対照試験です。患者さんは、リンヴォック15 mg群、リンヴォック30 mg群またはプラセボ群に無作為に割り付けられ、プラセボ群の患者さんは、24週時にリンヴォック15 mgまたはリンヴォック30 mgのいずれかを投与されました。

 

主要評価項目は、投与12週間後にACR20を達成した患者さんの割合としました。主な副次評価項目は、12週時のHAQ-DIのベースラインからの変化量、12週時にACR 50およびACR 70を達成した患者さんの割合、16週時にPASI 75を達成した患者さんの割合、24週時にMDAを達成した患者さんの割合などとしました。これらは、すべての副次評価項目ではありません。本試験は進行中で、長期継続試験では、プラセボ対照期間を完了した患者さんにおけるリンヴォックの長期間の安全性、忍容性および有効性に関するデータが得られる予定です。

 

本試験に関する詳細はwww.clinicaltrials.gov(NCT03104374)をご覧ください。

 

リンヴォック(R)(ウパダシチニブ)について

アッヴィの科学者が発見し開発したJAK阻害薬リンヴォックは、複数の免疫関連炎症性疾患を対象に研究が進められています2,9-15。ヒト細胞を用いた分析系において、リンヴォックは機能的選択性を示し、JAK2を介してシグナルを伝達するサイトカイン受容体と比較して、JAK1またはJAK1/3を介するシグナル伝達を選択的に阻害しました2。2019年8月に、リンヴォックは、メトトレキサートで効果不十分または不耐容であった中等症から重症の活動性関節リウマチの成人患者さんの治療薬として米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けました。リンヴォックは、1種類以上の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)で効果不十分または不耐容であった中等症から重症の活動性関節リウマチの成人患者さんの治療薬、DMARDで効果不十分または不耐容であった活動性関節症性乾癬(活動性乾癬性関節炎)の成人患者さんの治療薬、および従来の治療法で効果不十分であった活動性強直性脊椎炎の成人患者さんの治療薬として欧州委員会の承認を得ました。承認されているリンヴォックの用量は15 mgです。アトピー性皮膚炎、体軸性脊椎関節炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、巨細胞性動脈炎、高安動脈炎を対象とするリンヴォックの第III相試験が進行中です10-15

 

EUにおけるリンヴォック(R)の重要な安全性情報2

本剤の有効成分または添加物に対して過敏症のある患者さん、活動性結核(TB)または重篤な活動性感染症の患者さん、重症の肝機能障害を有する患者さんおよび妊娠中の患者さんには禁忌です。

 

他の効能のある免疫抑制剤との併用は推奨されていません。

 

ウパダシチニブを服用している患者さんで重篤な感染症が発生しており、これらの感染症による死亡例もあります。主な重篤な感染症は、肺炎および蜂巣炎です。細菌性髄膜炎も報告されています。ウパダシチニブを投与された患者さんにおいて、日和見感染である、結核、多発性帯状疱疹、口腔/食道カンジダ症およびクリプトコッカス症が認められています。ウパダシチニブの投与を開始する前に、慢性もしくは再発性の感染症患者さん、重篤な感染症もしくは日和見感染の既往歴を有する患者さん、結核菌に曝露した経験がある患者さん、結核もしくは真菌症の流行地域に居住もしくは旅行した経験がある患者さん、感染症を誘発する可能性がある基礎疾患を有する患者さんに対するリスクとベネフィットを検討してください。患者さんに重篤な感染症または日和見感染が発生した場合、ウパダシチニブの投与を中断してください。75歳以上の患者さんでは感染症の発現率が高いことから、こうした患者さんへの投与を行う際は注意する必要があります。

 

ウパダシチニブ投与開始前に、患者さんに対して結核のスクリーニング検査を実施してください。患者さんが未治療の潜在性結核または結核感染症のリスク因子を有する場合、ウパダシチニブ投与開始前に、抗結核療法の実施を検討してください。

臨床試験において、帯状疱疹を含むウイルス再活性化が報告されています。ウパダシチニブを投与された日本人の患者さんにおいて、帯状疱疹のリスクが高いようです。患者さんが帯状疱疹を発症した場合、症状が回復するまで投与中断を検討してください。ウパダシチニブの投与開始前および投与中は、ウイルス性肝炎のスクリーニングおよび再活性化のモニタリングを実施してください。

 

ウパダシチニブの投与期間中または投与開始直前に生ワクチンを接種することは推奨されていません。患者さんは、最新の予防接種ガイドラインに従い、ウパダシチニブの投与開始前に、帯状疱疹ワクチンを含むすべての予防接種を受けるよう指導することが推奨されています。

 

関節リウマチ(RA)患者さんにおいて、リンパ腫などの悪性腫瘍のリスクが増加します。免疫調節薬は、リンパ腫などの悪性腫瘍のリスクを増大させる可能性があります。現時点での臨床データは限られており、長期試験が進行中です。ウパダシチニブを投与された患者さんにおいて、非黒色腫皮膚がん(NMSC)を含む悪性腫瘍が報告されています。治療が奏効したNMSC以外の悪性腫瘍を有する患者さんにウパダシチニブ投与する前、また悪性腫瘍が新たに発現した患者さんにウパダシチニブ継続投与を検討する際は、ウパダシチニブを投与するリスクとベネフィットを検討する必要があります。皮膚がんのリスクが高い患者さんには、定期的な皮膚の検査が推奨されています。

 

臨床試験において、1%以下の患者さんで好中球絶対数1000 cells/mm3未満、リンパ球絶対数500 cells/mm3未満またはヘモグロビン値8 g/dL未満が認められました。通常の患者管理において、これらの血液学的異常が認められた場合は、投与を開始しないか、一時的に投与を中断してください。

 

RA患者さんでは、心血管疾患のリスクが高くなっています。ウパダシチニブの投与を受ける患者さんでは、通常の標準治療の一環としてリスク因子(例:高血圧、高脂血症)を管理することがあります。

 

ウパダシチニブの投与に伴い、総コレステロール、低比重リポ蛋白コレステロールおよび高比重リポ蛋白コレステロールなどの脂質パラメータの上昇が認められています。これらの脂質パラメータの上昇が心血管疾患の罹患率および死亡率に及ぼす影響は明らかになっていません。

 

プラセボを投与された患者さんと比較して、ウパダシチニブを投与された患者さんにおいて、肝酵素上昇の発現率が高かったことが認められています。通常の患者管理でALTまたはASTの増加が認められ、薬物性肝障害が疑われる場合は、これらの診断が除外されるまでウパダシチニブの投与を中断してください。

 

ウパダシチニブを含むJAK阻害剤を投与された患者さんにおいて、深部静脈血栓症(DVT)および肺塞栓症(PE)が報告されています。DVT/PEのリスクが高い患者さんには、ウパダシチニブを慎重に投与する必要があります。DVT/PEに対する患者さんのリスクを判断する上で考慮すべきリスク因子として、高齢、肥満、DVT/PEの病歴、大手術の予定および長期不動状態が挙げられます。DVT/PEの臨床的特徴が認められた場合、ウパダシチニブの投与を中止し、速やかに患者さんの評価を行った上で、適切な治療を実施する必要があります。

 

最も多く報告された副作用は上気道感染、気管支炎、悪心、血中クレアチンホスホキナーゼ(CPK)増加および咳嗽でした。最も多かった重篤な副作用は、重篤な感染症でした。

 

全体的には、ウパダシチニブ15 mgを投与した活動性関節症性乾癬(活動性乾癬性関節炎)の患者さんで認められた安全性プロファイルは、関節リウマチの患者さんで認められたものと一貫していました。ウパダシチニブを投与された患者さんでは、ざ瘡および気管支炎の発現率がプラセボと比較して高い値でした。ウパダシチニブをメトトレキサート(MTX)と併用投与した患者さんでは、単剤投与の患者さんと比較して、重篤な感染症の発現率および肝トランスアミナーゼ増加の発現率が高くなりました。また、限られたデータではありますが、65歳以上の患者さんでは重篤な感染症の発現率が高くなりました。

 

添付文書の全文については、http://www.EMA.europa.eu.で製品情報概要(SmPC)の全文をご参照ください。

 

添付文書の内容は地域によって異なります。詳細な情報については、各国の添付文書をご参照ください。

 

リウマチ領域におけるアッヴィについて

アッヴィは20年以上にわたり、リウマチ性疾患と共に生きる患者さんの治療の向上に取り組んできました。革新的な治療を発見し、提供するという当社の長年のコミットメントは、より多くのリウマチ性疾患の患者さんを治療目標達成に導く、有望な新たな経路や標的への理解を深める最先端科学の追求により裏付けられています。リウマチ学領域におけるアッヴィの詳細については、https://www.abbvie.com/our-science/therapeutic-focus- areas/immunology/immunology-focus-areas/rheumatology.htmlをご覧ください。

 

アッヴィについて

アッヴィのミッションは現在の深刻な健康課題を解決する革新的な医薬品の創製と提供、そして未来に向けて医療上の困難な課題に挑むことです。患者さん一人ひとりの人生を豊かなものにするため次の主要領域に取り組んでいます。免疫疾患、がん、神経疾患、アイケア、ウイルス、ウイメンズヘルス、消化器疾患、さらにアラガンエステティクスポートフォリオの製品・サービスです。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvieFacebookLinkedInInstagramでも情報を公開しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース