大阪成蹊大学の学生が制作したポスターが、大阪市東成区政で採用 ~区民のSDGs意識向上に一役~

大阪成蹊大学

2022/2/25 14:00

2022年2月25日(金)

大阪成蹊大学

 大阪成蹊大学 (大阪市東淀川区/学長 武蔵野實)は、大阪市東成区と連携協定を締結しさまざまな地域連携PBL(課題解決型学修)を実施しています。このたび芸術学部の学生が、「東成区のSDGs広報プロモーションを考える」 という区からの課題に挑戦し、複数の学生提案の中から「東成区でSDGsに取り組んでいるかっこいい人をポスター化」 が最優秀アイデアに選ばれました。この度、完成したポスターが区内で展示、掲示されることになりました。

 

【ポスター制作のポイント】

何気ない行動がSDGsにつながることに着目しました。「ちょっと世界救おか」というキャッチコピーのもと、日常生活で見かける身近で具体的な行動例を表現しています。写真は、学生が実際に現場で撮影を行うことで、SDGs活動の一場面を切り取ったような自然な仕上がりとなっています。SDGsに取り組む東成区民という当事者意識の醸成を促します。

 

【展示場所・期間】

・東成区役所:2022年3月7日(月)~3月31日(木)

・東成図書館:2022年3月9日(水) ~ 4月7日(木)

・東成区老人福祉センター:2022年3月9日(水) ~3月30日(水)

*開館時間等、各施設にお問い合わせください。

上記他、区内施設、駅掲示板にも展示・掲示を予定しています。

 

【ポスターモデル協力】

・大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro) 社員

・東成区老人福祉センター いきいき百歳体操 参加者

・東成図書館 図書ボランティア「どんぐり文庫」スタッフ

・吉本興業株式会社 東成区住みます芸人「相乗効果」

*協力企業・団体等は、東成区が選定しました。

 

【大阪成蹊大学 芸術学部について】

 大阪成蹊大学 芸術学部は8つの専門的なコースを擁し、これまでに多くの卒業生を輩出しています。当学部では、社会から求められるものに対して、周囲の方々とコミュニケーションを図りながら、共同してモノづくりが行える人材の育成を目標としています。現役のクリエイターとして活躍する教員を多数擁し、企業や自治体と連携した学びを多く展開しています。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース