5Gを活用し水中ドローンによる完全養殖クロマグロの状態監視の実証実験を実施

~近畿大学水産研究所のいけす内の映像伝送および水中ドローンの遠隔操作によりダイバーの作業代替をめざす~

NTTドコモ

2022/3/30 11:30

2022年3月30日

学校法人近畿大学

株式会社NTTドコモ

                                                                                      

 学校法人近畿大学(以下、近畿大学)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、5Gを活用した水中ドローンによる完全養殖クロマグロ(以下、マグロ)の状態監視を目的として、近畿大学水産研究所大島実験場のいけす内の映像をリアルタイム伝送し、同時に近畿大学東大阪キャンパスから、水中ドローンの遠隔操作を行う実証実験を2022年3月30日(水)に実施します。本実証実験以降も検証を重ね、水中ドローンを活用した養殖業のさらなる効率化をめざします。

 

<本実証実験のイメージ>

 

 本実証実験は、2020年に近畿大学、日本電信電話株式会社、ドコモ、西日本電信電話株式会社、株式会社NTTデータの5者で締結した「5Gの推進、「スマートシティ・スマートキャンパス」創造に関する包括連携協定」の取り組みの一つとして行うものです。具体的には5Gの低遅延通信を活用し、水中ドローンで撮影した映像をライブ中継機を通じて陸上へリアルタイムで伝送します。いけすから100km以上離れた近畿大学東大阪キャンパスから、水産研究所職員が伝送された映像を確認し、現場の操縦者に作業内容や撮影ポイントの指示を行うほか、水中ドローンを遠隔から操作することで、遠隔地からいけす内の状態を把握します。水中ドローンで撮影した映像はドコモのクラウドサービス「docomo sky Cloud」へアップロードするため、多拠点から高精細映像を閲覧することが可能です。本実証実験では、マグロの状態監視における水中ドローンの性能や映像伝送および遠隔操作システムの有用性を検証します。

 

 マグロの養殖において、いけす内の状態監視を行うことは、マグロの品質や水揚げ量を大きく左右するため重要ですが、これまではダイバーが水中にもぐることで、いけすの状態や水質、マグロの健康状態の確認や死亡魚の回収を行っていました。そのため、作業者の負担も大きく、安全性においても課題がありました。本実証実験では、水中ドローンと映像伝送および遠隔操作システムを活用し、作業者が遠隔地から指示を出したり、ダイバーが水中で行う作業を代替したりすることで、作業効率化や生産性、安全性の向上が期待できます。

 

 近畿大学とドコモは、実証実験を通じて、水中ドローンを活用したいけす内の状態監視の検証を行い、水産現場におけるソリューションの創出や地域の社会課題の解決に貢献してまいります。

 

※  「docomo sky Cloud」は、ドローンの飛行準備から撮影、フライト後のデータ解析やレポート作成までをWeb上で一元管理できるクラウドサービスです。

 

【関連画像の提供】

         

  本件に関する画像を以下サイトでご提供します。

  ご自由にお使いください。

  https://qr.paps.jp/IyHPe

 

 

 

 

別紙

 

実証実験の概要

1.   実施内容

 水中ドローンで撮影したいけす内のマグロの映像を、5G通信を介してリアルタイムで伝送し、同時に近畿大学東大阪キャンパスより水中ドローンを操作し、遠隔地からいけす内の状態を把握する実証実験を行います。また、水中ドローンではマグロやいけすを撮影するほか、取り付けたアームでいけす内に沈んでいる死亡魚を回収します。水中ドローンで撮影した映像は、「docomo sky Cloud」へアップロードするため、アーカイブとして閲覧することが可能になります。

<検証項目>

 ① 水中ドローンによる撮影映像のリアルタイム伝送

 ② いけす内の水中ドローンの遠隔操作

 ③ 水中ドローンで撮影した4K映像のアーカイブ共有

 

2. シテム構成イメージ

 

3. 実施日

 2022年3月30日(水) 

 

4. 実施場所

 近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)

 近畿大学水産研究所大島実験場(和歌山県串本町)

 

5. 各者の役割

近畿大学

・実験内容検討/調整

ドコモ

・実験内容検討/調整

・ライブ中継器の提供

・通信回線(5G)の提供

・水中ドローンの提供

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中