令和4年度ものづくりベンチャー育成事業「Tokyo ものづくり Movement」始動

-都内ものづくり中小企業からアイデアを募集-

2022年10月25日

東京都産業労働局

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

東京都及び地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、「都産技研」という。)は、アイデアはあるものの、製品化・事業化のためのノウハウや資金に課題を有するものづくりベンチャーに対し、試作支援を中心とした技術支援と資金支援によって製品化・事業化の支援を行う「ものづくりベンチャー育成事業」を実施しています。

アイデアを持ちながらも、試作に至っていないものづくりベンチャー等を広く募集し、都産技研が運営する

デジタルものづくりサイトにて、製品試作を支援します。

このたび、令和4年度の募集を開始しますので、お知らせいたします。

 

 

事業概要

対象者

以下の(1)及び(2)を全て満たす個人・ベンチャー・中小企業等

応募日時現在、次の①、②または③のいずれかに該当していること

都内に登記簿上の本店又は支店があり、かつ、法人登記を行ってから原則3年以内の

ベンチャー・中小企業等

都内に納税し、主たる事業所等として個人事業の開業の届出を行っており、かつ、開業

の届出から原則3年以内の個人事業主

令和5年度末までに都内での創業を具体的に計画している者

(2)募集要項に定める諸要件を満たすこと

募集内容

革新的なアイデアや高度な技術等を有す都内ものづくり中小企業や創業を予定する個人が、

まだ事業化に至っていないビジネスプラン

 ※試作が伴うハードウエアの開発プランであること

支援内

・アイデアについて、都産技研が運営するデジタルものづくりサイトにて無償で試作支援

・試作に対するマーケティング視点での事業化に資する助言

・試作した製品等をもとに、事業化を目指したコンテストを別途開催し、採択者には継続して支援

事業 スキーム
アイデア企業の募集 試作支援 コンテスト (審査会) 事業化・アクセラ支援

 

申請方法等

募集期間

令和4年10月25日(火)~ 12月16日(金)   必着

申請書類

以下の事業ホームページより申請書類をダウンロードしてください。

https://monomove.tokyo/

申請方法

オンラインでの応募と郵送での申請を受付けます。

<オンライン応募の場合>下記URLの応募フォームからお申し込みください。

https://monomove.tokyo/

<郵送の場合>必要書類を下記の事務局へご郵送ください。

  ※必要な書類については、事業ホームページをご確認ください。

事務局

 

本事業の広報・情報発信から試作支援補助、アイデアコンテストの運営等の役割を担う機関として、ものづくりベンチャー育成事業事務局を設置しています。

【事務局】      ※受付時間  10時 ~17時(土日祝除く)

 株式会社ツクリエ(東京都千代田区神田猿楽町2-8-11 VORT水道橋Ⅲ 6F)

  電話番号:070-4357-2496      メールアドレス:info@monomove.tokyo

デジタルものづくりサイト

 

所在地

江東区青海2-5-10 テレコムセンタービル東棟15階

営業時間

9:00~17:00 ※土日祝祭日除く

フロア

プロセッシングステーション、交流スペース、相談室

設備

・3Dプリンター : HP JetFusion 3D 5200

・プロセッシングステーション

・後処理装置(サンドブラスト、バレル研磨機)

・工作機器

3Dプリンター後処理装置・工作機器交流スペース

今後のスケジュール

10/25~12/16

10月~令和5年2月

令和5年3月

令和5年4月~

アイデア企業の募集

試作支援

 

コンテスト

事業化・アクセラ

支援開始

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

3Dプリンター

後処理装置・工作機器

交流スペース

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他製品
  • URL http://www.iri-tokyo.jp
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中