雪道の歩行をサポートする滑り止め 『ハンディユキダスSP』

コロンブス

2015/1/30 13:56

2015年1月30日

株式会社コロンブス

~ 雪道の歩行をサポートする滑り止め ~

滑り止め効果が高い

「溝のあるゴム×スパイクピン」構造

『ハンディユキダスSP』

 靴クリームと靴用品メーカーの株式会社 コロンブス(本社:東京都台東区、社長:服部達人)は、滑りやすい雪道や凍結した道での歩行をサポートする靴用の滑り止め『ハンディユキダスSP』を発売しています。

 本商品は、すでに発売されている滑り止め『ハンディユキダス』の効果をさらに高めたもので、靴裏のゴム部分を溝のある形状にすることで、歩行時の安定感をより向上させています。金属製のスパイクピンの効果と併せて、雪の日の歩行をサポートします。

 強い寒気が長くとどまり、各地で雪をもたらしたこの冬。雪の日の外出は、普段の靴では歩きにくく、危険な思いをされた方も多かったようです。

 この季節の安全な歩行のために、ぜひご使用いただきたいのが、靴用の滑り止め『ハンディユキダスSP』です。

 これは、ゴム製のカバーをつま先とかかとに引っ掛けると、スパイクシューズを履いているような状態を作ります。

 すでに発売されている靴用の滑り止め『ハンディユキダス』と構造は同様ですが、『ハンディユキダスSP』では、靴裏をカバーするゴムの表面に溝を設けています。靴の真裏にあたる部分にV字の溝を作ることで、雪や氷をしっかりとらえ、安定感を高めます。

 この商品の構造は、弊社が独自に開発したもので、意匠権も取得しています。前傾姿勢で歩く人が多いことにヒントを得て、最も滑り止め効果を発揮する位置にスパイクピンを取りつけ、サビにくく耐摩耗性に優れたニッケルクロムメッキ加工を施しています。

 幅広いタイプの靴に対応できるように形状の工夫も行い、女性のハイヒールでもご使用いただける仕様となっています。靴にしっかりとフィットした安心感の高いつけ心地ですが、ゴムが靴に接することでキズをつけないように配慮も行っています。

 この商品は、携帯していただけるようファスナー付きの収納ケースに入れてご提供しています。不意に雪が降った日のための用意として、また、降雪地域への出張や観光旅行の際にお使いいただけます。

 『ハンディユキダスSP』の概要は次の通りです。

 『ハンディユキダスSP』の概要

● 価格: 2,500円+税

● 販路: 全国のデパート・小売店・量販店

● 内容量: 1足分

● サイズ: 男性用(フリーサイズ):24㎝~28㎝ 

女性用(フリーサイズ):22㎝~25㎝ 

● 素材と特長:

・ 雪道や凍った道を安心して歩行するための、スリップ対策の商品です。

・ 一体型構造なので着脱が簡単で、靴にしっかりと固定できます。

・ ゴム製のバンドをつま先とかかとに引っ掛けて使用します。つま先部分は耐久性の高いゴムが靴の形状に合わせてフィットします。かかとは、バックベルトがホールドします。

・ 靴裏にあたるゴムの表面に溝を入れてグリップ力を強化。3つのスパイクピンと併せてWの滑り止め効果を発揮します。

・ スパイクは、雪道や凍結した道など、路面状況が変化しても正確に路面をキャッチします。サビにくく耐摩耗性に優れたニッケルクロムメッキ加工を施しています。

・ シンプルなデザインで、靴裏の色とマッチする黒色なので着用しても目立ちません。

・ 携帯性に配慮してファスナー付きのパッケージでご提供しています。降雪地へ旅行する際に、便利にお使いいただけます。

・ 女性用はハイヒールにも使用できる構造になっています。

●使用法

・ 取りつけは靴を履いて行ってください。

・ 右足、左足用の区別はありません。

●使用上の注意

・ 本品は雪道や凍った路面の歩行を補助するものです。路面の状況によっては滑ることもありますので充分注意してください。

・ 床面を傷つけたり、硬い路面では滑ることもありますので、雪道や凍った路面以外では使用しないでください。また、雪や氷のない路面での長時間の使用は、スパイクピンや本体を傷つける原因となります。

・ 靴を脱ぐ時は本品を取り外してください。

・ 使用後はスパイクピン・本体に付いた水分を拭き取ってください。

・ 長時間使用しない時は乾かしてから、直射日光を避けて保管してください。

・ 靴底が厚いなど、靴のデザインによっては装着できない場合があります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース