文部科学省科学技術人材育成費補助事業女性研究者研究活動支援事業(一般型)においてS評価を獲得!

京都産業大学

2018/4/6 14:00

文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 女性研究者研究活動支援事業(一般型)※の平成26年度選定機関に対する事後評価が公表され、京都産業大学は学長宣言による男女共同参画の推進や女性研究者の活躍促進のための基盤整備、女性専任教員の積極的な採用などが高く評価され、最高評価のS評価を獲得しました。

2018年4月6日

京都産業大学  リンクhttps://www.kyoto-su.ac.jp/

文部科学省科学技術人材育成費補助事業女性研究者研究活動支援事業(一般型)においてS評価を獲得!

京都産業大学は、平成26年度文部科学省・科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(一般型)」において、 京都産業大学型ポジティブ・アクションを軸とした研究者支援策の採択を受け、新たにダイバーシティ推進委員会とダイバーシティ推進室を設置しました(室長:伊藤公雄現代社会学部教授)。

男女共同参画やライフイベントに関わるセミナー、保育サービス支援制度や研究支援員配置制度等の女性研究者支援策を実施することにより、女性研究者の研究力の向上を目指し、それにより大学全体の研究力が向上する取り組みを行っています。

この度、文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 女性研究者研究活動支援事業(一般型)※の平成26年度選定機関に対する事後評価が公表され、本学は最高評価のS評価を獲得しました。学長の強いリーダーシップの下、学長宣言により男女共同参画の推進とダイバーシティの実現に係る全学的な方針を明確にし、副学長・理事を委員長とするダイバーシティ推進委員会が、女性研究者の活躍促進のための基盤整備、女性専任教員の積極的な採用、構成員の意識啓発を推進したことが高く評価されました。

※文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 女性研究者研究活動支援事業(一般型)

諸外国に比較して研究者における女性割合が低く、上位職登用が進んでいない日本の現状を踏まえ、女性研究者がその能力を最大限に発揮できるよう、出産、子育て、介護等のライフイベント、研究と生活との調和(ワーク・ライフ・バランス)に配慮した研究環境の整備、及び研究力向上のための取組を行うための支援事業

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース