ILC推進国際シンポジウムを東京で開催(8月5日)

岩手県

2018/7/11 16:30

平成30年8月5日(日)14時から、東京・お茶の水女子大学において、ILC推進国際シンポジウムが開催されます。ノーベル物理学賞受賞者を招き、「ノーベル賞受賞者に聞くILCが開く科学の未来」と題した講演を行います。入場無料・先着順(1,000人まで)。貴重な機会ですので、ぜひ足をお運び下さい。

2018/7/11

岩手県

ILC推進国際シンポジウム「ILCが開く科学の未来」を東京で開催!

 平成30年8月5日(日)14時から、東京・お茶の水女子大学において、ILC推進国際シンポジウム「ILCが開く科学の未来」が開催されます。ノーベル物理学賞受賞者を招き、「ノーベル賞受賞者に聞くILCが開く科学の未来」と題して講演を行います。
  国際リニアコライダー(ILC)は、従来の加速器を性能的に大きく凌駕する、全長約20kmの次世代・最新鋭の加速器です。ビッグバン直後の素粒子の反応を再現し、宇宙の謎、時間と空間の謎、質量の謎に迫ります。人類の自然理解を新しい時代に導き、「宇宙の常識」を様変わりさせる可能性を持つ大型科学実験計画です。
 シンポジウムは入場無料・先着順で1,000人まで。ノーベル賞を受賞したジェルトン・グラショウ博士とバリーバリッシュ博士の貴重なお話を聞く機会です。
 また、日本人ノーベル賞受賞者の小柴昌俊博士、大隈良典博士も映像出演します。
 この機会に「ILCが開く科学の未来」について考えてみませんか?ぜひ、足をお運びください。

1主催 高エネルギー加速器研究機構、お茶の水女子大学、多摩六都科学館 他
2日時 平成30年8月5日(日)14時から17時
3会場 お茶の水女子大学徽音堂(東京都文京区大塚2-1-1)
4内容 ノーベル賞受賞者に聞く「ILCが開く科学の未来」
5出演
 登壇者 シェルドン・グラショウ博士(1979年物理学賞)
 登壇者 バリー・バリッシュ博士(2017年物理学賞)
 映像出演 小柴昌俊博士(2002年物理学賞)
 映像出演 大隅良典博士(2016年生理学・医学賞)

※詳しくは次のWEB頁をご確認下さい。
http://ilc-symposium.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中