清涼飲料業界 クリーンアクション2019 ~みんなで海ごみゼロを目指して

全清飲

2019/5/30 17:00

2019年5月30日

一般社団法人全国清涼飲料連合会

清涼飲料業界 クリーンアクション2019 ~みんなで海ごみゼロを目指して~

「海ごみゼロウィーク」キックオフイベントに全清飲 堀口会長など参加

 一般社団法人全国清涼飲料連合会(東京都千代田区、会長:堀口英樹、以下:全清飲)は「清涼飲料業界 クリーンアクション2019 ~みんなで海ごみゼロを目指して~」を展開しており、5月30日に環境省と日本財団が進める「海ごみゼロウィーク」がスタートすることを記念して開催されるキックオフイベントに、堀口英樹会長および主要会員社メンバーで参加いたしました。業界としてもキックオフとして位置付けており、活動を盛り上げていきます。

 5月30日、神奈川県藤沢市の江ノ島・弁天橋下の海岸で行ったビーチ清掃イベント「海ごみゼロウィーク キックオフイベント」では、環境省の原田大臣をはじめ、日本財団・尾形理事長のほか、参加協力団体として全清飲の堀口英樹会長がごあいさつ。他にも株式会社セブン‐イレブン・ジャパンや日本マクドナルド株式会社や海上保安庁、さらにふじさわ観光親善大使・つるの剛士さんや藤沢市・鈴木市長、一般の参加者を加えて総勢428名が参加しました。

 一般社団法人全国清涼飲料連合会では、「清涼飲料業界 クリーンアクション2019 ~みんなで海ごみゼロを目指して~」として、5~6月の期間だけでも、会員社にて400箇所7500名が事業所周辺で清掃活動を行うとともに、6月1日には100名強で同じく江ノ島に集結して清掃活動を行います。

 引き続き、海ごみゼロを目指して活動を実施して参ります。

<堀口会長あいさつ>

 一般社団法人全国清涼飲料連合会は清涼飲料水を製造・販売している業界団体です。以前より、飲み終わった容器の散乱防止や、容器自体の軽量化、リサイクルなど3Rに取り組み、日本としても世界に誇れる高いリサイクル率ではあるものの、いまだ、海岸には多くのPETボトルや缶・ビンが散乱しております。

 そのような状況を踏まえ、さらなる向上を目指して昨年11月に「清涼飲料業界 プラスチック資源循環宣言」を行い、お客様、政府、自治体、関連団体と連携し、業界が一丸となり2030年度までにPETボトルの100%有効利用を目指す事を公表いたしました。

 今日も、環境省様、日本財団様の呼びかけにより、ごみゼロウォークが、国民運動として、盛り上がっていることに心から感謝しております。ありがとうございます。

 そして私たちも皆様とともに、ひとつひとつ、拾っていきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「海ごみゼロウィーク」クリーンアクション2019の様子(1)参加メンバー集合写真

「海ごみゼロウィーク」クリーンアクション2019の様子(2)堀口会長あいさつ

「海ごみゼロウィーク」クリーンアクション2019の様子(3)

「海ごみゼロウィーク」クリーンアクション2019の様子(4)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 一般社団法人全国清涼飲料連合会
  • 所在地 東京都
  • 業種 各種団体
  • URL http://www.j-sda.or.jp/
  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中