「さんりく文化芸術祭2019」 異色のオペラ「四次元の賢治-完結編-」の上演

岩手県

2019/6/11 12:00

2019年6月11日

三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会

宮澤賢治の作品をベースに思想家の中沢新一さんが脚本、音楽プロデューサーの小林武史さんがオペラに仕上げた異色の舞台作品を上演

「三陸防災復興プロジェクト2019」の事業、「さんりく文化芸術祭2019」のひとつとして、異色のオペラ「四次元の賢治-完結編-」を7月13日土曜日16時30分より、岩手県釜石市民ホールTETTOにおいて上演します。

宮澤賢治の作品をベースに、思想家の中沢新一さんが脚本、音楽プロデューサーの小林武史さんがオペラに仕上げた舞台作品です。キャストには、俳優の満島真之介さんやアーティストのコムアイ(水曜日のカンパネラ)さん、Salyuさん、ヤマグチヒロコさんらを迎えて上演します。

チケットのお買い求めは、各プレイガイド、釜石市民ホールTETTOまで。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

2017年post rock opera「四次元の賢治-第1幕-」

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中