アマニ関連商品10品が日本災害食認証を取得

日本製粉

2019/8/30 15:00

2019年8月30日

日本製粉株式会社

災害時の、バランスのよい栄養摂取をサポート

アマニ関連商品10品が日本災害食認証を取得

登録日:2019年8月20日(火)

 日本製粉(株)(代表取締役社長:近藤雅之 本店:東京都千代田区)は、当社のアマニ関連商品10品において、2019年8月20日(火)に一般社団法人日本災害食学会が導入する日本災害食認証を取得いたしました。

 従来の非常食は、長期保存性や災害直後の栄養摂取等に重点を置いているため、長期にわたる避難生活においては栄養に偏りが見受けられます。そこで、バランスの良い栄養摂取に向けて“食事にかけるだけ”という手軽さと、オメガ3脂肪酸等豊富な栄養を含む 「アマニ」関連商品を申請し、「日本災害食」として認められました。本認証取得により、全国自治体、各種法人・団体の備蓄食材用途といった新規需要の創造や、より一層の当社商品の価値向上が期待されます。

 当社は、“アマニを通じてみなさまの楽しい食生活と健康をサポートしたい“という思いから、2003年よりアマニ商品の販売を続けており、現在はアマニ油、アマニ粒・粉末、そしてドレッシングやマヨネーズ、サプリメント等、幅広い商品群を取り扱っています。今後もお客さまから「ニップンのアマニ」を選んでいただけるよう、安全・安心で使いやすい商品を提供してまいります。

 「日本災害食」とは、災害食(※)の内、災害時に役立つこと、および日常でも積極的に利用可能な加工食品について、日本災害食学会が示す日本災害食基準を満たしていることを一般社団法人日本災害食学会が認めた食品のことです。

一般社団法人日本災害食学会ホームページ内「日本災害食」> http://www.mmjp.or.jp/TELEPAC/d-food/certification.html

(※)災害食とは (日本災害食認証基準より抜粋)

1.「いつものように食べることができない時の食のあり方」という意味で災害食を考え、避難所や自宅で被災生活をする高齢者や乳幼児、障がい者や疾病患者など日常の社会においても特定の食事を必要とする人々、さらに救援活動に従事する人々など、被災地で生活、活動するすべての人々に必要な食をいう。

2.日常食の延長線上にあり、室温で保存できる食品及び飲料はすべて災害食となりうる。

【日本災害食認証取得概要】

■登録日 : 2019年8月20日(火)

■認証期限 : 2024年8月18日(日)

■登録商品 : 当社アマニ関連商品 以下全10品

 ●ニップン アマニ油 100g

 ●ニップン アマニ油プレミアムリッチ

 ●アマニオイル (5.5g×30袋入)

 ●アマニオイル (5.5g×14袋入)

 ●ニップン ローストアマニ粒 

 ●ローストアマニ[粒] (5g×15袋入)

 ●ニップン ローストアマニ粉末

 ●ローストアマニ[粉末] (5g×15袋入)

 ●ニップン アマニ油入りドレッシング 和風たまねぎ

 ●ニップン アマニ油入りドレッシング ごま

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

日本災害食認証取得商品一例

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中