コロナ禍で瀕死の伝統産業に活路を!「らくな手ぬぐいマスク」を新発売!

画期的構造の「らくなマスクシリーズ」に注染という伝統産業で染められた手ぬぐいを使い活路を見出す。

東京和晒

2020/10/27 08:55

2020年10月27日

らくなマスク屋さん(東京和晒株式会社)

コロナ禍で瀕死の伝統産業に活路を!「らくな手ぬぐいマスク」を新発売!

 

コロナ禍のもと全国のお祭り・イベントが殆ど中止となっている影響で、日本中の「手ぬぐい」の生産に携わる伝統産業である注染関係の染工場の受注も8割減となり、雇用調整しても週に2,3日しか稼働出来ない状況です。

 

 

 

 一方、創業明治22年の老舗、東京和晒株式会社では、令和2年6月に「夏のさらしマスク」(現在の「らくなさらしマスク」)という、下方吸排気方式を採用した画期的な構造のマスクを開発し発売しました。

 

 その圧倒的な「息のしやすさ」と「メガネが曇りにくい」「お肌にもらく」という特長が多くのユーザーに受け入れられ、3ヶ月で約3万枚を販売する事が出来、多くの皆様をマスクの息苦しさから救う事が出来ました。

 

 そして、このたび「らくなさらしマスク」の表面に伝統的な「東京本染手ぬぐい」の布地を採用した「らくな手ぬぐいマスク」を開発・発売する運びとなりました。

 

 

 柄はマスクに合いそうな手ぬぐい柄を採用しました。とりわけ「アマビエ」は、東京和晒が毎年開催している「オリジナル手ぬぐいデザインコンテスト」のグランプリに選ばれた柄で、とても親しみのあるデザインとなっております。

  

垂れ梅 麻の葉
たてわく 鳩ポッポ

 販売は、らくなマスクシリーズ専用サイトの「らくなマスク屋さん」で10月27日から開始致します。このマスクにより低迷する手ぬぐいの需要が呼び起こされ伝統産業である「注染」の存続に貢献できればと切に願います。 価格:1枚 600円(税別)

 

らくなマスクシリーズの特徴

息がらく!

 口の下方が開いていて、とにかく息がしやすい!

メガネが曇りにくい!
息が下に抜けるのでメガネがほとんど曇りません。

お肌にもらく!

 顔にあたる部分は日本国内の工場で晒した安全安心なさらし生地です。

 マスクかぶれが防げます。

品名:らくな手ぬぐいマスク  対象:飛沫防止

材質:本体(綿100%)耳ヒモ(ポリウレタン・ポリエステル)ノーズフィット(ポリエチレン)

本体サイズ:巾22cm✕高さ12cm

※諸注意事項

・本品の使用により、完全に感染症を防止できるものではありません。使用に際しては、気温・湿度・体調など諸条件にご配慮頂きますようお願いします。(ご自身の咳・くしゃみ等の飛沫防止効果が期待出来ます。)

・本品は湿気の無い清潔な場所に保管してください。

 

製造・販売元 東京和晒株式会社 〒124-0012 東京都葛飾区立石4-14-9

電話 03-3693-3333 (ホームページ) らくなマスク屋さん https://rakunamask.com/

 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中