高校内に「市役所部」が誕生

山形県南陽市

2021/1/25 12:00

2021年1月25日

山形県南陽市

地元高校と市役所が地方創生で連携。高校生がSNSで地域の情報を発信。

山形県立南陽高校(以下、「南陽高校」)内に仮想組織の『部』を設置し、高校生の探究活動支援を通して地域人材の育成を行う全国初の『南陽高校市役所部』が発足(R2.12/18発足式)しました。

『南陽高校市役所部』は、学校の教育活動の一環として設置・運営される部活動の名称を仮想的に模して、南陽高校と南陽市役所が共同して新たに立ち上げた南陽高校生主体のまちづくりボランティアサークルであり、プロジェクトの名称です。

主な活動は、“部員”が南陽高校と南陽市役所の指導とサポートを得て、地域への探究を深めながらまちづくりの自由なアイデアを出し合い、企画の実践を通して高校生の視点によるまちづくりを目指します。

具体的活動の第一歩として、毎月ミーティングの定例開催と、SNS等を活用した南陽市の情報発信を計画しています。これは、このプロジェクト発足の直接の引き金となった南陽高校1学年による「総合的な探究の時間」の授業で、生徒たち自身が南陽市のためにできる活動提案として、情報発信に関する提案が多かったことによるものであり、『南陽高校市役所部』は、このような高校生の発意から実現したものです。

このように、『南陽高校市役所部』では、高校の授業で生徒たちが学んだことや発案したことを、実践活動につなぐ学びの延長の場にもしていくため、市役所みらい戦略課が事務局を担い、活動指導は市役所職員と南陽高校の担当教諭が共同で行います。

『南陽高校市役所部』の活動により、高校生の地域参画が進み、南陽高校が目指す探究的な学びを通した人材育成の推進(ひいては将来の地元人材の育成)が期待されることから、市役所内に仮想の「課」を置くのではなく、高校内に仮想組織の「市役所部」を設置した点が特徴です。

地元の高等学校に通う高校生が、恒常的に地域と関わり、探究的な学びを深め地域での実践に取り組むための、地元高校と市役所による共同プロジェクト『南陽高校市役所部』は、高校における教育機能と地域の潜在的な教育力を互いに補完し有機的に結合することで、未来の地域づくりと人づくりにつながるものです。

将来的には、仮に、全国の市町村の各高等学校で同様の「〇〇高校◆◆役所部」が設置されれば、学校を核とした地域づくりと地方創生の全国展開が図られることになり、『南陽高校市役所部』は、その先進的な取組に育てていきたいと考えております。

南陽高校市役所部公式インスタグラムアカウント:@nanyo_h_pjt

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

南陽高校市役所部

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中