アイルランド政府産業開発庁、ファイザー社の新型コロナウイルスワクチン原薬製造開始を歓迎

アイルランド政府産業開発庁は、ファイザー社がダブリン・グレンジキャッスル拠点において新型コロナウイルスワクチン原薬の製造を開始すると発表したことを歓迎しました。 ファイザー社はおよそ4,000万米ドルの投資を行い、同拠点を拡張します。これにより、同社とビオンテック(BioNTech)社の新型コロナウイルスワクチンの世界的なサプライチェーンネットワークの一部を担う増産が可能となり、同ワクチンの世界的な供給に貢献します。これにより、75人の雇用が新たに創出される予定です。 

 

ミホル・マーティン首相は次のように述べました。「ファイザー社がアイルランドにおいて新型コロナウイルスワクチン成分の製造を近日中に開始し、これに関連して約4,000万米ドルの投資を行うとともに、ダブリン・グレンジキャッスルにおいて75人の雇用を創出すると発表したことを歓迎します。ファイザー社が50年以上にわたりアイルランドに製造拠点を置き、欧州事業を拡大し続けてきました。全世界的なワクチン提供の拡大が急務とされる中、本ニュースは素晴らしい進展といえます。アイルランドは新型コロナウイルス拡大抑制という難題に対し、大きな貢献を果たすでしょう」  

 

レオ・バラッカー副首相兼企業・貿易・雇用大臣は次のように述べました。「アイルランドはライフサイエンス分野における研究拠点の優れた立地として世界的に認められています。今回の投資はアイルランドとそのビジネス拠点としての優位性を証明するものです。今後、アイルランドは新型コロナウイルス対策において中心的な役割を担い、ワクチンの世界的な供給拡大をダブリンにおいて支援し、75人の高度な技術を要する雇用を新たに創出します。これらのワクチンはこれまで数多くの命を救っており、ファイザー社が数多くの人の命を救うワクチンの成分を製造する拠点としてアイルランドを選択したことを非常に嬉しく思います」 

 

アイルランド政府産業開発庁マーティン・シャナハン長官は次のように述べました。「今回の投資は、アイルランドにおける医薬品製造の優位性を明確に示すものです。mRNA製剤原料の製造におけるアイルランドの技術、専門知識、能力の高さを証明することとなりました。ファイザー社はこれまでワクチン提供において重要な役割を担い、新型コロナウイルスとの闘いに貢献してきました。この度、同社の取り組みがアイルランドにおけるmRNA製剤原料の製造によって更に強固になることをとても喜ばしく思います。また、グレンジキャッスル拠点において75人の雇用が創出されることを心より歓迎します」  

 

アイルランド政府産業開発庁日本代表 デレク・フィッツジェラルドは次のように述べています。「ファイザー社の発表は、バイオ医薬品分野では武田薬品工業株式会社、リジェネロン社、ギリアド・サイエンシズ社、MSD社、アラガン社の最近の発表に続くものであり、アイルランドが医薬品製造に魅力的な場所であることを証明しています。アイルランドは、若くて多様な労働人口、高度な技能を有する人材、競争力のあるコストベースを誇っており、英語が公用語であることに加え、EU市場に強くコミットしているため、これらの企業は今後もアイルランドに投資し続けるでしょう」

 

■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について

アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40年間にわたり、欧州への進出を検討されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。

過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中