目の細かい生地が靴クリームによく馴染む『ブートブラック ポリッシュクロス』

コロンブス

2013/2/28 13:38

2013年2月28日

株式会社コロンブス

~プロレベルのシューケアを可能にする最高級シリーズ~

「指に巻く」専用のプロ仕様の靴みがきクロス

目の細かい生地が靴クリームによく馴染む

『ブートブラック ポリッシュクロス』

 靴クリームと靴用品メーカーの株式会社 コロンブス(本社:東京都台東区、社長:服部達人)は、お気に入りの靴におろしたてのような光沢を与える最高級のシューケアシリーズ『ブートブラック』をご提供しています。

 このシリーズから、靴みがき用クロス『ブートブラック ポリッシュクロス』を発売いたしました。この商品は、プロが指に巻きつけたクロスで靴クリームの塗布を行うことに注目し、指に巻きつけやすい生地の素材やサイズを考慮した設計となっています。パッケージに表記してある使用方法のガイドを見ながらお使いいただくと、どなたでもプロレベルのお手入れをお楽しみいただけます。

 『ブートブラック』は、大切な靴へのプロレベルのお手入れを可能にしたシリーズです。靴クリームをはじめ、さまざまなアイテムを揃え、靴にこだわりのある方のお手入れをサポートしています。

 このシリーズから新発売された『ブートブラック ポリッシュクロス』は、靴クリームの塗布に適した綿クロスです。プロも実際に行っている、指にクロスを巻きつけて行う靴クリームの塗り方を再現しやすいように設計されています。

 素材は、良質な目の細かい綿100%の生地を使用しています。薄手でしなやかな生地ですので、靴クリームがよく馴染み、むらなく塗布することが可能です。

 サイズは、指に巻きつけて使うことを考えた、20cm×50cmの横長のサイズと伸縮性のある生地を採用。

 初めての方でもクロスを指に巻いて使用頂けるよう、箱の内側と側面に写真入りのわかりやすいガイドをパッケージにデザイン。

 使用方法は簡単な2ステップで、まず、ポリッシュクロスを人差し指と中指にのせ、クリームを付ける部分を(シワにならないように)伸ばしながら片方の手でポリッシュクロスを後ろに引っ張ります。次に、ポリッシュクロスを人差し指と中指の後ろでねじり、余ったポリッシュクロスを手に巻き付けます。

 この方法により、クロスがしっかりと指に固定され、指を使った丁寧な塗布が可能になります。

 このポリッシュクロスは手洗いが可能で、洗うことによってしなやかさが増し、馴染みがさらによくなります。3枚入りですので、靴クリームの色に合わせて、使い分けていただけます。

 どのような靴クリームにもご使用いただけますが、ツヤ出し効果のある『ブートブラック ハイシャインコート』の塗布にお使いいただくと、とくにその機能が発揮されます。クリームが薄く均一に伸びるため、プロがみがいたような美しい輝きを作り出すサポートをします。

 生地には、ブートブラックのロゴもあしらっており、高級感の感じられる仕様となっています。プロの靴みがきのテクニックを実現するポリッシュクロスで、ぜひ、本格的な靴のお手入れをお楽しみください。

 『ブートブラック ポリッシュクロス』の概要は、次の通りです。

 『ブートブラック ポリッシュクロス』 の概要

●価 格: 1,260円(消費税込)

●販 路: 全国のデパート・靴専門店

●内容量: 3枚

●サイズ: 20×50cm

●素 材: 綿100%

●特 長:

・靴クリームの塗布にご使用いただけます。

・靴みがきに適した目の細かい綿クロスです。指に巻きやすいロングタイプで、伸縮性のある生地を使用しています。

・どちらの面でもご使用になれます。洗濯も可能な生地ですので、洗うことでクリームの馴染みがさらによくなり、繰り返しご使用いただけます。

・指への巻き方は箱に記載し、わかりやすく写真入りでご説明しています。

・とくに、『ブートブラック ハイシャインコート』との相性がよく、クリームを薄くムラなく塗布することができます。

●使用法:

・ポリッシュクロスを、人差し指と中指にのせます。クリームを付ける部分を(シワにならないように)伸ばしながら、片方の手でポリッシュクロスを後ろに引っ張ります。

・ポリッシュクロスを、人差し指と中指の後ろでねじり、余ったポリッシュクロスを手に巻き付けます。

●使用上の注意:

・生地がほつれたり、縮むことがあります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース