堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画 千住 博 & チームラボ コラボレーション展「水」

堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画として『千住 博 & チームラボ コラボレーション展「水」』を堂島リバーフォーラムにて開催。2018年 7月14日(土)〜 9月2日(日)まで

2018年5月6日

堂島リバーフォーラム

堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画 千住 博 & チームラボ コラボレーション展「水」

2018年 7月14日(土)〜  9月2日(日)

堂島リバーフォーラムは、水の都、大阪の堂島川のほとりに2008年に誕生し、開館10周年を迎えることができました。みなさまにお支えをいただきながら文化、音楽、芸術の普及と発展に寄与すべく、小さくとも明るい光を灯しながら一歩一歩、進んで参りました。

堂島川の水面に照らされながらたどり着いた、この記念すべき10周年に、生命に不可欠であり神秘的でもある「水」をテーマに、世界的アーティストである千住博氏とチームラボをお迎えし、世界にひとつだけの作品制作をお願いしました。

書としての「水」は高野山真言宗総本山金剛峰寺の総務総長、添田隆昭氏に揮毫していただきました。

この奇跡的なコラボレーション展「水」に少しでも多くの方々が運ばれますようお願い申し上げます。

開催概要

展覧会名:堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画 千住 博 & チームラボ コラボレーション展「水」

開催期間:2018年7月14日[土]~9月2日[日]

会場:堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1-1-17)

開館時間:11:00-19:00 (入館は閉館30分前まで)

     ※7/14は16時まで

入場料:一般 1,000円、高校生以下 500円

特設サイト:http://10th.dojimariver.com/

問合せ先: 堂島リバーフォーラム

電話番号: 06-6341-0157

主催・企画制作:堂島リバーフォーラム

特別協賛:大和ハウス工業株式会社

協賛:株式会社ECC/サントリーホールディングス株式会社/コクヨ株式会社/八光自動車工業株式会社

   関西電力株式会社/NTT西日本/学校法人 上田学園 上田安子服飾専門学校

   アートコーポレーション株式会社/株式会社ヤマノ アンド アソシエイツ

   ジェミニス・ジャパン株式会社/摂津倉庫株式会社/マエダ不動産株式会社/株式会社久我

   田嶋株式会社/一本松海運株式会社/明治石油株式会社/株式会社プロフィールド/株式会社ハートス

後援:大阪府/大阪市/大阪商工会議所/一般社団法人 関西経済同友会

   公益財団法人 関西・大阪21世紀協会/朝日放送テレビ株式会社

協力:株式会社ナイルスコミュニケーションズ/PAVONE/京阪ホールディングス株式会社/ TOKK

アーティスト

千住 博 / Hiroshi Senju

東京藝術大学大学院博士課程単位取得満期退学。

1995年第46 回ヴェネツィアビエンナーレ東洋人初の名誉賞(イタリア)。

2005年ミラノサローネ(イタリア)。

2006年光州ビエンナーレ(韓国)。

2007年フィラデルフィア「松風荘」襖絵制作。

2011年成都ビエンナーレ(中国)。

2013年瀬戸内国際芸術祭。

2015年第56 回ヴェネツィアビエンナーレ。

2016年 平成28年度外務大臣表彰。

大徳寺聚光院襖絵一般公開。薬師寺「平成の至宝」に選出され、収蔵。

2017年ロサンゼルス・カウンティ美術館に収蔵され、常設展示。

メトロポリタン美術館(ニューヨーク)に収蔵され、常設展示。

イサム・ノグチ賞。

2018年優秀芸術賞(フィラデルフィア日米協会)。

「高野山金剛峯寺襖絵完成記念千住博展」(富山県美術館 2018年6月9日(土)~7月29日(日)、以降巡回展開催)。

活動は国際的で多岐に渡る。作品は日米の主要美術館に収蔵。2007年~2013年京都造形芸術大学学長、現在京都造形芸術大学大学院教授。

http://www.hiroshisenju.com/

千住 博  展示作品

作品タイトル:The Fall  (2018)

チームラボ / teamLab

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、デザイン、そして自然界の交差点を模索している、学際的なウルトラテクノロジスト集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

 

チームラボは、アートによって、人間と自然、そして自分と世界との新しい関係を模索したいと思っている。デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に、そして、自分と世界との間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

 

47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」、「ミラノ万博2015」日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」、5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾、ロンドンでの個展、シンガポールで巨大な常設展などアート展を国内外で開催。2018年5月15日より、フランス・パリにて「teamLab : Au-delà des limites」を開催。また2018年6月21日、お台場・パレットタウン大観覧車下に、森ビルとチームラボによるデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」をオープン。

 

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)に永久収蔵されている。

http://teamlab.art/jp/

チームラボ 展示作品

作品タイトル:Black Waves: Wander, Discover and Re-emerge

アクセス

堂島リバーフォーラム

大阪府大阪市福島区福島1-1-17

京阪中之島駅6番出口から徒歩約5分(約300m)

JR環状線 福島駅出口から徒歩約8分(約600m)

JR東西線 新福島駅2番出口から徒歩約5分(約500m)

阪神福島駅3番出口から徒歩約5分(約400m)

四つ橋線 肥後橋駅4番出口から徒歩約11分(約900m)

JR大阪駅桜橋口から徒歩約16分(約1.3㎞)大阪駅(環状線内回り)→環状線「福島」駅 約2分

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中