海の道がつなぐ新たな交流「宮古・室蘭フェリー航路」が開設しました!

岩手県

2018/6/28 12:00

 岩手県初となるフェリー航路が、6月22日(金)に開設され、岩手県宮古港と北海道室蘭市が新たに結ばれました。 このフェリー航路は、かつてないスピードで整備が進んでいる復興道路などとの相乗効果で、物流や観光の面で大きな役割を果たすことが期待されています。

2018年6月27日

岩手県

海の道がつなぐ新たな交流「宮古・室蘭フェリー航路」が開設しました!

 岩手県初となるフェリー航路が、6月22日(金)に開設され、岩手県宮古港と北海道室蘭港が新たに海路で結ばれました。
 フェリー航路開設に合わせて宮古港で行われたセレモニーでは、地元宮古市の中学生による吹奏楽演奏が響き渡る中、約1000人の宮古市民らに見送られ、午前8時に第一便が華々しく出港しました。午後6時の室蘭港への入港時には、室蘭市民ら約1200人が駆けつけ、船とフェリーターミナルをつなぐ人道橋で多くの児童らが手作りの小旗を両手に持ち、「室蘭へようこそ」と呼び掛けるなど、乗船客を温かく歓迎しました。
 このフェリー航路は、かつてないスピードで整備が進んでいる復興道路などとの相乗効果で、物流や観光の面で大きな役割を果たすことが期待されています。
 物流面では、宮古・室蘭間の乗船時間が10時間のため、トラックドライバーが船内で十分な休息時間を確保でき、近年問題となっているトラックドライバーの労働環境改善への効果が見込まれます。
 また、復興道路などが全線開通することで、宮古・盛岡間は片道1時間15分、宮古・仙台間は片道約3時間で結ばれ、移動時間が大幅に短縮されます。
 観光面では、フェリーならではの船上でのゆったりとした快適な旅を楽しみながら、マイカーやバイクで、それぞれの目的に合わせた旅行ができます。
 夏休みなどの長期休暇には、フェリーで岩手県や北海道への旅行を楽しむことができます。岩手県と北海道の交流が広がる新航路を、ぜひご利用ください。


 航路概要など詳細はこちら
 http://www.pref.iwate.jp/kouwankuukou/kouwan/oshirase/064992.html
 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中