ベトナムでの約165haの大規模住宅開発プロジェクト「WATERPOINT」始動

西鉄

2018/7/18 17:00

西日本鉄道株式会社は、ベトナム・ロンアン省・ベンルックにおいて、ベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーションとの共同分譲住宅事業『WATERPOINT (ウォーターポイント)プロジェクト』に着手します。

2018年7月18日

西日本鉄道株式会社

ベトナムでの約165haの大規模住宅開発プロジェクト「WATERPOINT」始動

● 西日本鉄道株式会社(本社:福岡市中央区 社長:倉富純男 以下 西鉄)は、ベトナム・ロンアン省・ベンルックにおいて、ベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーション(本社:ホーチミン市、会長:グエン・スアン・クアン 以下 ナムロン)との共同分譲住宅事業『WATERPOINT (ウォーターポイント)プロジェクト』に着手します。

● 本プロジェクトの計画地であるロンアン省は、ホーチミン市から車で約45分の距離に位置する人口約150万人の都市で、人の流動や近郊の工場開設に伴う雇用の増加等により、経済活動が活発である将来有望なマーケットです。ホーチミン市への勤務者や近隣で働く人々などを中心に、多くの住宅需要が見込まれており、住宅開発が進んできているエリアでもあります。

● 本プロジェクトは、3,000区画超の戸建住宅を中心に、約165haにわたる大規模住宅開発です。本プロジェクトの敷地内には学校や病院、バス停などの共用施設の他、スーパーマーケットなど暮らしを支えるための商業施設も配置される予定で、利便性の高い住環境を提供します。

● また、当エリアからホーチミン市内に向けた高速バスを通勤・通学の時間帯は約5~15分間隔で運行する計画であり、当社がこれまで培ってきたバス事業のノウハウを十分に発揮し、公共交通と一体となったまちづくりを行う予定です。

● 総事業費は約316億円で、総区画数3,000超を全4期に分けて開発し、2023年を目処に全区画の引渡し完了を目指しています。第1期は2019年から着工し、550区画を販売予定です。

● 当社では今後も、ベトナムや近隣のASEAN諸国において更なる開発を推進してまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中