「福ビル街区建替プロジェクト」 「感染症対応シティ」に向けた安全・安心なビルへ計画変更

~国内最高水準の大型複合ビルへ~

西鉄

2020/11/12 18:18

2020年11月12日

西日本鉄道株式会社

 西日本鉄道㈱が推進する「福ビル街区建替プロジェクト」では、安全・安心なビルへ計画変更するとともに、商品性の向上を図り、国内最高水準の大型複合ビルを目指します。

 

 現在、福岡市が進める「感染症対応シティ」の実現、産学官連携で進める「国際金融拠点」誘致に伴うハイスペックオフィス需要の更なる高まり、また、政府による「温室効果ガス排出2050年実質ゼロ」が表明される等、環境意識やSDGsへの関心が高まっています。

 

 当ビルでは、これらの外部環境の変化を踏まえ、下記の通り計画を変更いたします。

 

◆外部環境の変化への対応

≪感染症対応≫

・オフィス全フロアに天候や騒音に左右されず自然換気が可能となるダブルスキンを採用し、非接触エレベーターシステムを導入。また、カンファレンスでは、テラスの設置を行う他、オンラインセミナー・Web展示会への対応として、通信環境の充実を図ります。

 

≪環境負荷低減≫

・地域熱供給システムの導入によるCO2排出量削減や、BEMS(Building and Energy Management

System)の導入による照明・空調等の制御を行う他、省エネ効果のあるCO2除去デシカント空調機の国内

初採用(オフィス)等、環境に配慮した取り組みを実施することで、外資系企業の誘致に有効な国際的環境

性能評価「LEED認証」取得を目指します。

 

≪BCP対応の強化≫

・停電時でも制震効果を発揮する高性能制震システムを導入する他、デュアルフューエル非常用発電機の設置により、災害時においても72時間の電力供給が可能となり、入居企業が安心して事業を継続できるオフィス環境を整備します。

 

≪ユニバーサルデザインの推進≫

・LGBT対応として「みんなのトイレ」を各階に配置し、男女による色分けを行わないジェンダーレスのカラーデザインを採用します。

 

◆商品性の向上

≪西日本最大規模となる基準階面積を有するオフィス≫

・基準階面積を計画変更前の約1,300坪から約1,400 坪へと拡大し、天井高3mの西日本最大規模となる大規模無柱空間を実現します。これにより、フレキシブルで効率的なレイアウトを可能にします。さらに、セキュリティゲートを設置する等、外資系企業のニーズに対応したハイスペックオフィスを目指します。

 

≪九州最大のスカイロビー(6・7F)≫

・オフィスエントランスのあるスカイロビーでは、外装デザイナーのKPFを内装デザイナーとして起用し、打合せのできるラウンジ空間やコワーキング、カンファレンス等を配置します。これにより、企業間のコミュニケーションを促し、新しい事業を生み出すクリエイティブな環境を整えます。

 

 スケジュールは、これらの外部環境の変化への対応や、商品性の向上による設計変更等に伴い、竣工時期を2024年3月末から12月末に変更し、2024年度内のオープンを目指します。

 

 当社では、福ビル街区の開発を通して、ポストコロナに対応した安全・安心なビルを目指し、天神ビッグバンプロジェクトを大きく推進させるとともに、天神明治通り街づくり協議会が掲げる「アジアでもっとも創造的なビジネス街」の実現に努めてまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中