世界初、日本語AI対話エンジンNeoRMRをZendeskに組み込み、販売を開始。

オルツ

2019/10/15 09:00

2019年10月15日

株式会社オルツテクノロジーズ

オルツテクノロジーズとフォー・フュージョン、パートナー提携。

人工知能開発プラットフォーム「Altgo.com(オルツゴー)」を展開する株式会社オルツテクノロジーズ(本社:東京都港区六本木、代表取締役:米倉千貴、以下「オルツテクノロジーズ」)は、クラウド型カスタマーサービスプラットフォーム「Zendesk」の公認ソリューションプロバイダーである、フォー・フュージョン株式会社(本社:東京都渋谷区神山町、代表取締役:鈴木 昭彦、以下「フォー・フュージョン」)と、オルツテクノロジーズが提供する、AI対話エンジン「NeoRMR(Neo Rewritable Memory based Retrieval)」の展開パートナーとして業務提携することをお知らせします。

Zendeskのソリューションプロバイダーとして、国内の「チャット」市場を牽引するWebコミュニケーション企業、フォー・フュージョンが、オルツテクノロジーズのオペレータAIサポートシステム「NeoRMR」をZendeskに組み込み、あらゆるユーザー情報をZendeskに集積し、様々なAIチャットソリューションを提供していきます。

この提携により、フォー・フュージョンのZendeskインプリアプリケーションとして、英語や中国語と比べると先行研究が圧倒的に少なく、文法が独特であることや文脈による省略が頻繁なことから、最も難解な言語とされる日本語AIモデルのサービスがオープンすることとなります。

NeoRMRは最先端の言語処理アルゴリズムMUSE ( Multi-lingual Universal Sentence Encoder )の実装により、多言語化にも対応し、日本国産の先端言語AIモデルのグローバル市場への初の展開となります。

以上のAPI連携により、フォー・フュージョンの顧客は、Zendeskの機能の1つである、お問い合わせの種別や条件、時間軸等に応じた条件を基に設定する「自動化」に加え、最先端の日本語AIエンジンが組み込まれることにより、各種サービス(メール、チャット、電話等)の利用も極めて快適に、迅速に行えることとなります。

例えば、膨大なお問合せを抱える「航空会社」「旅行会社」「通信会社」では、予約や変更等の簡単な質問から、クレームや品番指定等を必要とする、人が対応しないと解決できない高度な質問まで、お問合せ内容が多岐に渡りますが、将来的にはAIによる自動対応が可能となります。

NeoRMRとZendeskを組み合わせて利用することにより、

開発コストやエンジニアを必要とせず、AI技術を用いたカスタマーサポートを実現可能です。

オルツテクノロジーズとフォー・フュージョンは、1年で100ライセンスの販売を目標とし、NeoRMRがもたらす高い付加価値が、Zendeskのさらなる普及促進に貢献し、ひいては顧客満足度の向上に繋がると考えております。

両者は本提携によるサービスの発表を顧客及びパートナ希望企業に向けて下記の日程で実施する予定です。

◆フォー・フュージョン×オルツテクノロジーズ  イベント情報◆

------------------------------------------------------------------------------

11月6日(水)15:00〜16:30

フォー・フュージョン×オルツテクノロジーズ NeoRMRパートナー提携 合同発表説明会

~世界初、 日本語AI対話エンジンNeo RMRをZendeskに組み込み、販売を開始~

connpass: https://neo-rmr.connpass.com/event/150191/ 

Peatix: https://neo-rmr-4fusion-alttech.peatix.com/

------------------------------------------------------------------------------  

<NeoRMR の概要>

NeoRMRは、RPA、CS、ボット企業とその顧客とのコミニケーションの自動化に大きな成果を発揮するAIエンジンです。すでに数多くの事業会社の顧客サポートにて旧RMRが稼働しており、そこから得られた知見と株式会社オルツ(本社:東京都港区六本木、代表取締役:米倉千貴)の最新研究成果を結集して、さらなる高性能化を実現した進化版としての位置付けとなります。

従来のコミュニケーションエンジンでは、事前に膨大な学習データを投入する必要があり、開始までの経済的、人的コストが事業を圧迫していました。これに対し、NeoRMRでは、人間オペレーターの通常業務を継続的に学習し続ける設計とすることで、導入時の負荷を大幅に削減することに成功しています。初期学習後も継続的に人間オペレーターとの協同学習が進むため、最終的には、完全自動化を達成することも可能となります。

◆Neo RMRについてはこちらからご覧いただけます。

 https://alt-technologies.com/rmr/

 

 Neo RMR プレスリリース

 https://alt-technologies.com/178

 「オルツ技術の粋を搭載したオペレータAIサポートシステム『NeoRMR』を発表、 戦略的パートナーを限定募集」

 

◆Museに関する情報はこちらからご覧いただけます。

 Muse プレスリリース

 https://alt.ai/news/news-816/

 「株式会社オルツ、対話エンジンモジュールNeoRMRにMUSE適用で、大幅な精度向上と多言語化に成功。」 

<Zendeskについて>

Zendeskは、優れた顧客体験を提供するためのカスタマーサービスとカスタマーエンゲージメントのプラットフォームを提供しています。Zendeskのプラットフォームは、あらゆる規模の企業のニーズに対応できる機能と柔軟性を備え、幅広い業種で採用されています。

Zendeskは、幅広い業界にわたる125,000以上の有料顧客アカウントに30以上の言語でサービスとサポートを提供しています。サンフランシスコに本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア、日本、オーストラリア、南米など16の拠点で事業を展開しています。

詳しくは www.zendesk.co.jp をご覧ください。

【提携企業の概要】

名称 : フォー・フュージョン株式会社

URL  : https://www.4-fusion.jp

所在地 : 東京都渋谷区神山町20-27 グリーンヒル神山 1階

代表者 : 代表取締役社長 鈴木 昭彦

資本金 : 135,290,648円(資本準備金含む)

設立 : 2000年2月

事業内容 : 【WebC事業】

・Zendeskパートナーとして国内200社以上に導入しているZendeskライセンスの販売 

・Zendeskアプリ、インプリサービス開発・販売

・AIチャットボット開発・販売

・Zendesk構築ソリューション

・オンライン接客コンサルティング「Success」

・BPOサービス「カスタマーサクセスセンター」

・オンライン接客マーケティング

【株式会社オルツテクノロジーズについて】

名称:株式会社オルツテクノロジーズ

URL :https://alt-technologies.com

所在地:東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル (SENQ六本木703)

代表者:代表取締役 米倉千貴

資本金:10,000,000円 *資本準備金含む

設立日:2019年4月

事業内容:人工知能及び人工知能関連技術の研究・開発及びこれに関するサービスのコンサルティング・企画・開発・運営

【株式会社オルツについて】

名称:株式会社 オルツ

URL :https://alt.ai

所在地:東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル (SENQ六本木703)

代表者:代表取締役 米倉 千貴

資本金:1,741,673,500円(資本剰余金含む)

設立:2014年11月

事業内容:P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の開発、提供

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 株式会社オルツ
  • 所在地 東京都
  • 業種 ソフトウエア・SI
  • URL https://alt.ai/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース